遥かなる高難度業務の頂へ。

「征服すべきは山の頂上ではなく、自分自身だ。」

横須賀輝尚です。
これは登山に興味がない人にとっては、有名でもなんでもない人ですが、これはかのエベレスト最大の難所である「ヒラリー・ステップ」の由来となったエドモンド・ヒラリーの言葉です。

Why did you want to climb Mount Everest?
Because it’s there.

「なぜエベレストに登るのか?」「そこにエベレストがあるから」と答えた人と誤認されたりもしていますが(この発言は同じ登山家のジョージ・マロリーの言葉)、結局のところ戦うべきは自分自身なのです。

さて、本題です。
補助金業務は高難度業務の中でも高難度である。これは私が出した結論であり、LEGALMAGICでの定義です。そのため、LEGALMAGICでは広川元基氏に特別顧問のポジションを任せており、補助金業務の取り扱いを強く勧めてはいません。

しかしながら、補助金業務が魅力的な業務であることは事実です。「お金」という顧客反応が極めて高いジャンルであり、その性質と難易度からほぼライバル不在といっても良い業務。そして資格の有無に関係しないとなれば、企業法務を大きなビジネス分野としている士業にとっては、これほど魅力のある業務分野はないと言えます。

その極めて魅力的な補助金業務。ハードルはたったひとつだけ。
ほかの士業の業務に比べて、少し難しい。

逆に言えば、もっと難易度の低い業務で稼ぐこともできるわけで、あえてこの頂にチャレンジしなくても、経営は成立させることができます。

しかし、これほど直接的にお客に貢献でき、そしてお客とともに成長を感じられる業務もまた存在しないのも事実。そこで今回、実務で多忙を極める広川氏に無理を承知で、あえてこの補助金業務に特化した講座を開催することにしました。

あなたがよりレベルの高い法律実務家になるために。
あなたがより顧客に貢献し、大きな喜びと充実感。そして報酬を得るために。

それでは、講座の内容です。
今回の講座は2日間。基礎編と応用編に分かれていますが、例によってどちらかでも受講可能です。とはいえ、基礎なしに応用なし。応用なしに発展なしというわけで、2日間受講されることを推奨しておきます。

広川 元基(ひろかわ げんき)氏
合同会社G&N代表社員CEO。2014年武蔵野大学校政治経済学部卒。
資金調達支援会社で補助金を活用した新事業展開支援を四年間行い、総額三億円以上の調達を支援。

実務においてもセミナー・面談と契約等の営業から、新規事業計画書の作成・補助金受給までのサポート・事業報告等の顧客サポートを50社以上行った実績を作り、2018年1月に合同会社G&Nを設立。

「中小企業のキャッシュポジションを少しでも向上させることで、経営の向上を支援する」べく、補助金に加え様々な施策を展開している。

創業1年目の実績:
クラウド会計システム活用サポート:月次契約者数 4社
経済産業省予算の補助金活用サポート:サポート件数 72件
中小企業向け法律認定活用サポート:サポート社数 23社
融資等の資金調達サポート:サポート件数 2社
経費削減サポート:サポート件数 1社

高難度資金調達コンサルタント養成講座で学べるもの。

今回の講座は2日に分けます。

1日目はいわゆる「基礎編」。2日目が応用編です。

基礎編は、これから資金調達業務を取り扱いたい人向け2日目はすでに資金調達業務の知識がある、あるいはすでに業務を取り扱っていて、さらにレベルを高めたい人向けです。

どちらの講座も、事前課題図書があるので、まったく事前知識のない人でも、事前に課題図書を読み込むことで、ギリギリついてこられる内容にはしてもらっていますまあ、「ついていけるかどうか」よりも「死ぬ気でついていく覚悟があるかどうか」。こちらの方が大事でしょうね。

可能であれば、すでに融資業務を行っている人も、「小堺流」的なエッセンスを学ぶために、基礎編と合わせての受講をお勧めしますが、そのあたりはあなたの経験とレベルに任せますので、お選びください。

高難度補助金コンサルタント養成講座 1日目(基礎編)

第1部 プロフェッショナルから見た補助金の体語と最新情勢
基本的な補助金の解説。プロフェッショナルから見た補助金の本当の定義とは?また、最近の補助金情勢の解説とともに、なぜいま中小企業向けの補助金施策が増え、伸びていくマーケットなのかを解説します。

第2部 補助金申請の流れと要件検討、計画書作成
補助金申請の基本的な流れと要件解説。主要補助金をもとに、要件の検討方法から事前準備と計画書作成までを解説。いかに採択率を高めるかは事前準備によって変わります。

第3部 補助金の申請と審査、採択後対応
具体的な補助金申請の方法について解説。そして、審査後に無事採択された場合、速やかにどのような対応をすればよいのか。この一連の流れを解説します。

第4部 補助金の受給と報告。事例解説。
具体的に受給を受けた場合の対応と、受給後の報告について解説。受給されて終わりではない補助金特有のポイントをお伝えします。合わせて実際の補助金受給事例の解説を加えます。

第5部 法律の認定制度について
経営革新計画や経営力向上計画等、法律の認定制度を活用した補助金のため、認定制度について解説します。

高難度補助金コンサルタント養成講座 2日目(応用編)

第1部 補助金業務の営業方法
広川氏の経験をもとに、補助金業務を獲得するための営業方法やその事例について解説します。表立った営業をせず、紹介のみで回るようになる営業方法です。

第2部 ものづくり補助金を通じた実際の補助金申請書類作成法
実際に申請し採択された事例をもとに、具体的な書類作成の方法を「ものづくり補助金」を例に解説します。これによって「通る」本物の書類作成法がわかります。

第3部 小規模事業者持続化補助金
同じく実際に申請し採択された事例をもとに、具体的な書類作成の方法を「小規模事業者持続化補助金」を例に解説します。

第4部 IT導入補助金とサポート体制の作り方
IT導入補助金の解説と、事業者登録・サポート体制の作り方について解説します。IT導入補助金特有の流れについて押さえます。

第5部 高難度補助金業務解説と事例
補助金業務の中でも、より高難度な事例、イレギュラーな事例などを解説。合わせて顧客の選定方法など、一般の書籍や講座では学べないリアルな現場のノウハウと体験談を通じて、よりハイレベルな法律実務家になるための指南を行います。

※事前に理解を深めるための課題図書(数冊)があります
※講義の中で使用する書式は差し上げます(ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金ほか)

費用と参加人数について

参加費用は1日49,000円。2日間の参加の場合は78,000円になります。会場受講はそれぞれ20名まで。例によってビデオ受講もつけますが、ビデオ受講もそれぞれ20名までとさせていただきます。※会場受講者にも動画視聴ができるようにします。視聴期間は無期限です

例によってこの金額が高いとか低いとか、それはあなたの価値基準で判断すること。広川氏が約6年という期間を補助金一色の濃密な期間とした結晶を学べるわけですから、高いと罵倒するほうが信頼をなくすでしょう。

それでも高いと言うのであれば、それはお客のことを考えていない証拠です。資金調達業務は、直接的にクライアントを救うことができる数少ない業務。この機会にぜひあなたも本物の専門家になってください。

高難度補助金コンサルタント養成講座 概要

講座名高難度補助金コンサルタント養成講座
講師広川 元基氏
日時2019年10月24日(木)、25日(金) 各日13:00-18:00(開場12:45)
場所ワイム貸会議室四谷三丁目
定員20名(会場)、20名(ビデオ受講)
受講料1日:49,000円+税
両日:78,000円+税
タイムスケジュール12:45 開場
第1部 13:00-13:50
第2部 14:00−14:50
第3部 15:00−15:50
第4部 16:00−16:50
第5部 17:00−17:50
質疑応答 17:50−18:00

※会場受講者にもセミナー動画の配信があります(視聴期限は無期限です)。

追伸

「ヒラリー・ステップ」はエベレスト最大の難所と冒頭でお伝えしましたが、ヒラリー・ステップは山頂の真下の岩場のことを言います(現在、崩壊したことが明らかになり、より登頂が困難になったと言われています)。

ヒラリー・ステップで画像検索をしてもらえればすぐにわかりますが、本当にあと少しなのがわかるはずです。頂上まであと一歩。ここまで来て諦めざるを得ない状況になることもあり、無念のまま下山することになる登山家も多くいます。

補助金業務は、法律的書類申請実務の中では最大級の難所といえるでしょう。ここを登る決意をするかどうか。

あなたが本物の法律実務家ならば、迷わずこの「あと一歩」を選ぶべきです。多くの「口だけ」の実務家は、山のふもとで不平不満ばかり吐露しているもの。あなたにはそんな時間はないはずです。ともに超一流の実務家を目指していきましょう。

name_yokosuka_syomei2