就業規則には健康診断の条文を入れなければならないのか

◯事案の概要
就業規則には健康診断の条文を入れなければならないのか

◯相談内容
従業員は自治体が行っている無料の健康診断を受けているから、という理由で、顧問先から、就業規則の健康診断の条文を外したいというお話がありました。就業規則に健康診断の条文を入れないことは可能なのでしょうか?

◯菰田弁護士の回答
健康診断の条文自体は必要的記載事項ではありません。ただ、健康診断を受けさせることは法的義務です。これは、労働安全衛生規則44条1項で定められています。
そのため、その会社が仰っている「自治体が行っている無料の健康診断」というものが、44条1項で定められている内容を網羅するものであれば、それで足ります。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 年次有給休暇の買い上げ限度日数についてのご相談

  2. 引き継ぎをせず退職する従業員に対する就業規則

  3. 事業場ごとに異なる変形労働時間制を採用している会社で、事業場間の配置転…

  4. 年俸制の最低賃金の計算方法について

  5. 始業15分前の打刻も労働時間に参入しなければならないのか

  6. 全体の雇用期間が1年に満たない労働契約の雇止めと解雇権乱用法理

  7. 正社員雇用に先立って有期契約を結び期間満了となった場合、試用期間とみな…

  8. 変形労働制を採用したいが、1年単位と1ヶ月単位、どちらが良いか

PAGE TOP