保守契約で保守する側とされる側の条件が合わない場合の適切な折衷案

◯事案の概要
保守契約で保守する側とされる側の条件が合わない場合の適切な折衷案

◯相談内容
システムの保守契約で、保守する側は保守料金の範囲内、保守される側は損害額の全額を請求といった契約を通常希望するかと思いますが、この中間案で良い表現はないでしょうか。

保守料金が安価であるため相手が納得せず、起こる可能性の低い事項で契約締結が進まないので、全額とは言わないまでも、何か譲歩する表現があればと考えております。

◯菰田弁護士の回答
士業の契約書等でよく見掛ける表現になりますね。中間案としては、年間保守料金の何年分という定め方が多いかと思いますよ。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 未成年相続人の親について、遺産分割協議書にはどのように表記すべきか

  2. 行政書士法人は遺言執行者になれるのか

  3. 自動車修理費用の支払いがなく、内容証明郵便を送ったが返送されてきた

  4. 契約書に印紙を貼る義務が生じるタイミングについて

  5. 遺言書に名前がない相続人に送る財産目録には預金残高を明記しなくてもよい…

  6. 受託者を信託監督人が解任する契約は無効か

  7. 受任者の押印がない委任状は正式な効力があるといえるか

  8. 個人医院でものづくり補助金採択後に医療法人化を検討した場合の手続きにつ…

最新記事

PAGE TOP