民法改正と瑕疵担保責任

◯事案の概要

瑕疵担保責任に関する条文のある契約書について締結すれば、2020年4月の民法改正後も有効と考えて良いか。また、民法改正後に瑕疵担保責任について合意すれば有効となるか

◯相談内容

これから締結しようとする契約書の中で、瑕疵担保責任についての条文があります。この瑕疵担保責任についての条文は、「契約自由の原則」の観点から、一度締結された以上は民法改正後の2020年4月以降も有効と考えますが、その考えであっていますでしょうか。

また、仮の話ですが、2020年4月以降に作成する契約書にこのような瑕疵担保責任の条文を記述した場合であっても、合意のもと契約締結されれば有効と考えますが、その考えでよいでしょうか。

◯菰田弁護士の回答

はい、今回の民法改正で、そもそも従来の瑕疵担保という概念はなくなります。債務不履行を基にした担保責任制度が新設されますが、あくまで任意規定でしかありませんので、契約書で別の内容を合意してもらって問題ありません。

なので先生のおっしゃる通り、民法改正後でも特段の問題はありません。

本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 記名押印をせず署名のみで契約書を作成する際の割り印について

  2. 仮想通貨のトラブルで、返金を約束していながら発行者がそのまま姿をくらま…

  3. 社員を採用した際の身元保証人の損害賠償額の上限金額はどれくらいを目安に…

  4. 契約書に印紙を貼る義務が生じるタイミングについて

  5. 銀行預金口座の仮差押えにあたって、債務者は銀行預金口座以外に資産がない…

  6. 死後事務委任契約等を結ばずに、遺言書である程度対応したい

  7. 自動車修理費用の支払いがなく、内容証明郵便を送ったが返送されてきた

  8. 新民法1046条の解釈について

最新記事

PAGE TOP