受任者の押印がない委任状は正式な効力があるといえるか

◯事案の概要

委任者の押印はあっても受任者の押印がない委任状は正式な効力があるといえるか

◯相談内容

委任状を作成する際に、慣習的に委任者の押印はあっても受任者の押印がない場合があります。受任者の押印がなくても、正式な効力があると認められるのでしょうか?

委任契約も双務契約である以上、受任者の意思の確認として押印があった方が良いと考えております。また、受任者の押印がない場合、委任者の意思のみで委任状を作成できてしまいます。

予防法務の観点からも双方の押印があった方が良いと考えますが、いかがでしょうか。

◯菰田弁護士の回答

委任状と委任契約書は別物になります。

委任契約書は、委任契約を証するものですので、契約である以上、双方の押印があるべきでしょう。しかし、委任状は、委任者が受任者に対して委任した旨や委任事項について、客観的に証するために存在しますので、委任者の意思表示が見て取れれば十分かと思います。

委任状は、受任者が委任者から依頼を受けていることを証するために使うものですので、受任者が第三者に提示する以上、その受任者の押印があろうがなかろうが、受任者の意思に反するものでないことは分かりますので。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 創業者間の株主間契約書を規模が拡大した時に作成したい

  2. 契約解除に伴う代金の返金に関する文書を公正証書にしたい

  3. 離婚の慰謝料や養育費の支払は特別受益にあたるか

  4. 行政書士法人は遺言執行者になれるのか

  5. 銀行口座を業者都合で凍結することができるのか

  6. 保守契約で保守する側とされる側の条件が合わない場合の適切な折衷案

  7. 運送業許可を持たないが、資材等を運ぶ際に別途「配送料」として請求してよ…

  8. 償却資産税の納税義務と対象資産の譲渡の合意の関係について

PAGE TOP