契約書に印紙を貼る義務が生じるタイミングについて

◯事案の概要

補助金申請の支援業務を成功報酬とした場合、補助金の申請が通って報酬を請求できるようになった時から契約書に印紙を貼る義務が発生すると解釈できるか

◯相談内容

補助金申請の支援業務に関する契約書を作成する際、報酬を成功報酬とした場合についてご相談です。

このときには、印紙税法の規定により、契約書に印紙を貼る義務が発生するのは「補助金の申請が通って報酬を請求できるようになった時から」という理解をしておりますが、正しいでしょうか。

◯菰田弁護士の回答

補助金が通ることが確定しないと成功報酬がもらえるかどうかが確定しないからというご趣旨ですよね。

残念ながら、そのような解釈にはなっておりません。仮にもらえるかどうかがはっきりしないものであったとしても、成功した場合にもらえるのであれば、その成功報酬の金額をベースにして印紙税を算定すると考えるのが国税局の考え方です。

ですので、成功報酬の場合に、成功するかどうかというのは印紙税との兼ね合いでは関係ありませんね。

補助金の場合は採択額が本当に不明なので、金額の記載がないものとして200円という解釈もありだと思いますよ。

書いてないだけで、おおよそ金額が分かるでしょうという場合は、その金額に合わせないといけないでしょうが、本当に分からないということならその解釈で良いと思います。 

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 期限後申告終了した個人事業主の分割交渉業務に関するリスクや契約書につい…

  2. 未成年相続人の親について、遺産分割協議書にはどのように表記すべきか

  3. 新民法1046条の解釈について

  4. 運送業許可を持たないが、資材等を運ぶ際に別途「配送料」として請求してよ…

  5. 保守契約で保守する側とされる側の条件が合わない場合の適切な折衷案

  6. 受任者の押印がない委任状は正式な効力があるといえるか

  7. 契約解除に伴う代金の返金に関する文書を公正証書にしたい

  8. 離婚の慰謝料や養育費の支払は特別受益にあたるか

PAGE TOP