業務を外注したいが、顧客を取られるリスクを防ぎたい

◯事案の概要

業務を外注したいが、顧客を取られるリスクを防ぎたい

◯相談内容

業務を外注する場合ですが、その顧客を取られるリスクなどがあるため、何かしらの書面の取り交わしをしたいと考えております。書面の取り交わしをすれば法的に守られるでしょうか?

例えば下記のような内容の取り交わしはどうかと考えております。

・業務終了後に顧客にいかなる接触もしないこと
・業務終了後に顧客から連絡があった場合には弊社に連絡するように誘導すること
・業務中及び終了後も他の者に関係を漏らさないこと

◯菰田弁護士の回答

もちろん法的には守られますので、破られた場合は実損害があれば損害賠償請求はできるでしょう。ただ、絶対に守られるかというと保証はありませんので、そこはご理解ください。それ以上に縛る方法はないでしょうね。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 解散にともなう”知れている”債権者への催告について

  2. 業務委託契約を結び、委託先の従業員の中で仕事をすることについて

  3. 離婚の慰謝料や養育費の支払は特別受益にあたるか

  4. 損害賠償請求の上限についての記載を契約書や約款に盛り込むことは可能か

  5. 創業者間の株主間契約書を規模が拡大した時に作成したい

  6. 婚姻期間20年以上である夫婦間における居住用不動産の贈与等に関する優遇…

  7. 葬儀社とお焚き上げ料

  8. 新民法1046条の解釈について

PAGE TOP