契約書の有効性について

◯相談内容

株式会社Aの発起人兼代表取締役就任予定のBは、○月1日にCと契約を交わし、契約書の最後に 「○月1日 株式会社A 代表取締役B」と記載し、個人実印を押印しました。

その後、○月10日に株式会社が設立登記されました。発起人及び役員はBのみの1人会社です。この場合、契約内容は株式会社AとCの間に引き継がれるのでしょうか。

書面上Bの意思としては、契約はA社を代表して行っているように見えますが、契約成立時点で会社は存在していないこと、また法人印でなく個人実印を押印していることが、客観的にB個人としての契約であるという方向に傾かないのか気になりました。

◯菰田弁護士の回答

厳密に見ると会社は設立されていないので、会社に契約の効果は帰属しません。設立前の開業準備行為であっても、それは変わりません。

ですので、厳密に見ると株式会社Aとしての契約にはなりませんね。会社設立後に契約関係を引き継ぐ旨の覚書などを作成しておいた方が良いと思います。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 自筆証書遺言が遺言書本文とワープロ打ちの別紙で構成されている

  2. 最適な増資方法について

  3. 取締役として訴訟の場などに出ることは、非弁行為にあたらないか

  4. 業務を外注したいが、顧客を取られるリスクを防ぎたい

  5. ストックオプションにベスティング条項を付与することについて

  6. 解約手付金の返却について

  7. 株式交換で親子会社関係を作るときの課税について

  8. 外国会社の日本支店の会社分割について

PAGE TOP