意識不明な人の意思表示について

◯事案の概要

望まない形である宗教団体に入信した母を脱退させたいが、既に意識不明なため、現時点で本当にやめたいのか確認することができない

◯相談内容

「宗教団体をやめたい」という相談を受けています。今回の件については、相談者自身だけでなく、死期がせまった母もやめさせてあげたいというものです。

母親は望まない形でA(相談者の兄弟)に入信させられたらしく、Aにも宗教をやめるよういっていたため、今でもやめたいと思っていると推測されます。しかし既に意識不明なため、現時点で本当にやめたいのか確認することができません。

このような状態なので、母親自身が脱退するという書面は作成できませんと依頼者にはお伝えし、「あくまでお願いという形にはなるが、団体側に『元気だったころの言動から今でも辞めたいと考えているはずなので、名前を信者から消してほしい』と依頼してはどうか」とご説明しました。

やはり意識がはっきりしているころにやめたい意思を確認していても、今現在の意思が確認できない以上は、たとえ配偶者や子どもであっても、代わりに意思表示をすることはできないと考えてよいものでしょうか。

◯菰田弁護士の回答

宗教法人に入会しているという状況が法的に見てどのような契約関係なのかは定かではありませんが、意思表示の問題になれば、もちろん意思能力がない以上は意思表示ができません。

ですので、意思を推測して脱退手続きを行うという事は、宗教法人側としては了解できないことだと思います。後は先方が許容するかどうかの問題になりますので、ひとまず申し入れしてみるしかありませんね。

本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 契約書に印紙を貼る義務が生じるタイミングについて

  2. 契約解除に伴う代金の返金に関する文書を公正証書にしたい

  3. 社員を採用した際の身元保証人の損害賠償額の上限金額はどれくらいを目安に…

  4. 被相続人の土地が競売にかけられたとき、原因となった相続人に対して損害賠…

  5. 複数の被相続人に関する遺産分割協議書を一枚にまとめたい

  6. 囲繞地と通行料について

  7. 新民法1046条の解釈について

  8. 解約手付金の返却について

最新記事

PAGE TOP