2024年4月15日【潰れる前に会社ができる最後の金策と資金繰り】横須賀輝尚の記事がYahoo!ニュースに掲載されました。

2024年4月15日【潰れる前に会社ができる最後の金策と資金繰り】横須賀輝尚の記事がYahoo!ニュースに掲載されました。

2024年5月27日
今にも潰れそうな会社を立て直すため、経営者が土壇場でできることはどれくらいあるのでしょうか? 「究極を言えば、会社が潰れるということは、お金がなくなることです。…
news.yahoo.co.jp

『プロが教える潰れる会社のシグナル(横須賀輝尚 著)』

今にも潰れそうな会社を立て直すため、経営者が土壇場でできることはどれくらいあるのでしょうか? 「究極を言えば、会社が潰れるということは、お金がなくなることです。お金があって会社が潰れることはありませんので、会社が倒産の窮地に際したときには金融機関との関係性が重要なポイントになります。」と言うのは経営コンサルタントの横須賀輝尚氏。 今回は、横須賀氏の著書「プロが教える潰れる会社のシグナル」より、 潰れる前に会社ができる最後の金策と資金繰りについて再構成してお届けします。

■できそうでできない、不要なもののコストカットと個人資産の売却

最後まで会社を立て直そうとする社長がやるべきことは、まず金策です。不要なもののコストカットや個人資産の売却など、お金に変えられるものはすべて変えます。生命保険の解約や、場合によっては子どもの学資保険の解約など、あらゆるものが含まれます。社長の自宅や車などもそうです。 このとき、社長のメンタリティにもよるのですが、最後まで自宅を手放したくないという社長も多い。 よく、倒産の危機から逆転したなんて逸話に「最後まで自分の車は守った」とか「自宅を手放したら負けだと思った」など、自分の守りたいものを守ったからこそ、逆転できたなんて話がありますが、ああいうのはあくまで美談であって、実際は個人資産を売却できない社長の逆転可能性はかなり低いと言えます。 結局、会社を立て直せなければ、自宅も車も取られてしまうわけです。「守りたい」という時点で、会社を再興させる覚悟がないとも言えます。ですから、いつまでも何かを守りたい、手放したくないという社長が、会社を立て直せるかといえば、かなり難しいでしょう。

■会社を救うのは、お金のみ─最終局面の資金繰り法─

会社が潰れそうになったときに、もちろん、どんな手段で逆転させるかは、社長の手腕と状況次第です。しかしながら、最終的に会社を救うのはやはりお金。ということで、最終局面の資金繰りについて解説していきましょう。 まずはこれまでに、金融機関と取り引きがあるかどうか。つまり、借り入れがあるかどうかです。窮地に金融機関との取り引きがあるかないかで、生存確率が変わります。金融機関との取り引きのある会社のほうが、圧倒的に生存確率が高い。つまり、最後の追加融資の可能性が残っているのです。 これはどういうことか。逆の立場から考えるとわかりやすい。例えば、あなたが金融機関の融資担当者だったとします。資金繰りに困っている二つの会社が融資をしてほしいと相談に来ました。一社は長く付き合いのある、過去に融資を実行している会社。いまは厳しいかもしれないが、これまで返済が滞ったことのない会社。もう一社は、これまでに取り引きのない、初めて知る会社。同じような業績なら、どちらに貸します? ってことです。 当然、初見さんには怖くて貸せない。「初めまして」で、会社が苦しくてお金がない会社、不安で貸せないですよね。一方で、取り引きがあれば、会社の収益構造も知っているし、社長の人柄も知っている。いまは苦しい状況だけど、事業計画を見れば挽回できそうな可能性が見いだせるかもしれない。 さらに、現在進行系で貸しているお金があるとすれば、倒産してしまったら回収できないわけで、金融機関もなんとかしようとする。金融機関側から考えるとわかりやすいでしょう。取り引きがあるかないかで、これだけ初手が違うのです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4834393d727e3754e7a3f1ab841d03ca7c8f0f92