株式売買契約書の譲渡代金の入金日付より遅延して入金しても譲渡の効力はあるか

◯事案の概要
株式売買契約書に記載されている譲渡代金の入金日付より遅延して入金したとしても、譲渡の効力は生じているか

◯相談内容
株式譲渡に関してのご相談です。

1月付の株式売買契約書に、譲渡代金の入金日付は2月末までとする旨の記載があります。(入金と株の譲渡を同時履行とする条項はありません)

2月末までに支払うのを譲受人が遅滞しているのですが、それを過ぎた3月付の日付で入金しても、譲渡の効力はすでに生じており、問題ないものと考えておりますがいかがでしょうか?

◯菰田弁護士の回答
法的には問題ありません。ただ、2月末期限でそれを守らなければ、債務不履行で解除される可能性はあります。そうなると譲渡の効力は消えてしまいます。

解除されないという前提なら問題ありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 会社法38条の実務上の取扱について

  2. 会社法751条の解釈について

  3. 株式移転計画書に資本剰余金についての具体的な記載がなくても問題ないか

  4. 譲渡承認手続きについて

  5. 自筆証書遺言が遺言書本文とワープロ打ちの別紙で構成されている

  6. 第三者のためにする契約の契約書には所有権留保と履行の引受に関する規定が…

  7. 最適な増資方法について

  8. 根抵当権の解除証書について

最新記事

PAGE TOP