年俸制の最低賃金の計算方法について

◯事案の概要

年俸制の最低賃金の計算方法として、年棒額を12で割りたいが、労働局からは15で割るように話された

◯相談内容
年俸制の最低賃金の計算方法を知りたいのですが、こちらでよろしいでしょうか。
その会社は年俸額を15分の1として月給として支給し、15分の1.5ヶ月分を2回、賞与として支給しています。

最低賃金を計算するときに、15分の1の月額を月の所定労働時間で割ると、最低賃金を下回ります。しかし、年俸額を12分の1して月の所定労働時間で割るのはどうでしょうか。この方法であれば、最低賃金を下回りません。年俸制の最低賃金の計算方法は規定されていません。

労働局の賃金課で確認しましたが、労働局の方は15分の1を所定労働時間で割るように言われました。実態として賞与を支給しているなら、それは最低賃金の計算に入らないといわれましたが、納得いかないところがあります。

◯菰田弁護士の回答
年俸制というのは1年間で報酬を決定しますので、そもそも賞与という概念が存在しません。なので、実態として賞与支給しているように見えても、それは年俸の一部を支給しているに過ぎません。

そうなると、1年間に支給されているものの合計額が年俸になりますので、その年俸額を12カ月で割れば良いでしょう。東京労働局の質疑応答でもこの考え方ですので、先生の考え方は間違っていません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 売上に連動した時間外手当の有効性について

  2. 死亡保険金の受取人と死亡した場合の退職金を揃えたい

  3. 労働基準法上の割増賃金について

  4. 事業場ごとに異なる変形労働時間制を採用している会社で、事業場間の配置転…

  5. 他社員に嫌がらせをしている社員に懲戒処分を行うことは可能か

  6. 専田晋一様(社労士)LEGALMAGIC会員様インタビュー

  7. 1ヶ月変形労働時間制を取ったときの残業計算について

  8. 競業避止義務違反と秘密保持

最新記事

PAGE TOP