社労士以外が死後事務委任契約業務として年金関係の手続きを行うことはできるか

◯事案の概要

社労士以外が死後事務委任契約業務として年金関係の手続きを行うことは社労士法第2条第1項に抵触するか

◯相談内容

社労士以外が死後事務委任契約の受任者となった場合、その死後事務委任手続きとして、各種保険証の返納手続き、年金受給者死亡届、各種保険の資格喪失手続き、未支給年金の請求手続きなど、年金関係の手続きを行うことは、社労士法第2条第1項に抵触すると考えてよろしいでしょうか?

すなわち、社労士独占業務であって、社労士以外が行うことは、死後事務委任受任者としても、行えないのではないかと思います。死後事務委任はあくまで委任契約なのでこのように考えましたが、いかがでしょうか?

◯菰田弁護士の回答

そうなりますね。あくまで死後事務委任契約として報酬を受けておこないますので、もちろん社労士法の規制を受けます。ですので、そのような独占業務に抵触する部分に関しては、死後事務委任契約の委任の範囲内に含めないケースが多いかと思いますよ。

本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 賃借人が賃料を管理会社ではなくオーナーに直接支払いたいといっている

  2. 一般社団法人で役員報酬ではなく一般職員として給料を払う場合、最低賃金の…

  3. 新民法1046条の解釈について

  4. 賃金規程上は「基本給は本人の能力・勤務実績により決定する」とだけ記載し…

  5. 他社員に嫌がらせをしている社員に懲戒処分を行うことは可能か

  6. 助成金申請における帳簿の不正のリスクヘッジについて

  7. 身元保証書の提出を拒否してきた内定者を不採用にするときのリスクについて…

  8. 未成年相続人の親について、遺産分割協議書にはどのように表記すべきか

最新記事

PAGE TOP