社労士以外が死後事務委任契約業務として年金関係の手続きを行うことはできるか

◯事案の概要

社労士以外が死後事務委任契約業務として年金関係の手続きを行うことは社労士法第2条第1項に抵触するか

◯相談内容

社労士以外が死後事務委任契約の受任者となった場合、その死後事務委任手続きとして、各種保険証の返納手続き、年金受給者死亡届、各種保険の資格喪失手続き、未支給年金の請求手続きなど、年金関係の手続きを行うことは、社労士法第2条第1項に抵触すると考えてよろしいでしょうか?

すなわち、社労士独占業務であって、社労士以外が行うことは、死後事務委任受任者としても、行えないのではないかと思います。死後事務委任はあくまで委任契約なのでこのように考えましたが、いかがでしょうか?

◯菰田弁護士の回答

そうなりますね。あくまで死後事務委任契約として報酬を受けておこないますので、もちろん社労士法の規制を受けます。ですので、そのような独占業務に抵触する部分に関しては、死後事務委任契約の委任の範囲内に含めないケースが多いかと思いますよ。

本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 半日有給の時間数が午前と午後で異なることに不満を持つ従業員への対応

  2. 身元保証書の提出を拒否してきた内定者を不採用にするときのリスクについて…

  3. 見舞金規程がないが、見舞金を従業員に支給したい

  4. 変形労働制を採用したいが、1年単位と1ヶ月単位、どちらが良いか

  5. 死亡保険金の受取人と死亡した場合の退職金を揃えたい

  6. 1年単位の変形労働時間制における法定休日及び法定外休日の振替について

  7. 弁護士に依頼するときに利益相反になるケースについて知りたい

  8. 正妻と内縁の女性と夫の3人が共同生活している場合、内縁女性は遺族年金を…

最新記事

PAGE TOP