退職願と退職届

◯事案の概要

パート社員が退職を口頭で経営者に申し出、その場で承諾された。退職願ではなく退職届は書くといっているが、問題ないか

◯相談内容

パート社員が退職を口頭で経営者に申し出て、その場で承諾されました。

文書での退職の意思表示を残すために、経営者が「退職願」のフォーマットを渡したところ、「口頭で退職は受理されているので退職願は書かない。退職届であれば書く」と言っています。

雇用保険も加入していないため、自己都合の有無は雇用保険の基本手当にも影響はなく、この従業員がここにこだわる理由が不明ですが、退職後に仮に残業代請求やパワハラなどで訴えてくることを想定した場合、「退職届」と「退職願」で違いは出てきますでしょうか?

◯菰田弁護士の回答

いえ、退職の意思表示が見て取れれば問題ないので、どちらでも問題ありませんよ。

退職しないと言い出すのが一番面倒なので、客観的な資料としてもらっておきましょう。

◯その後の相談内容

ありがとうございます。

「退職届」にすることで、残業代請求やパワハラ被害で訴えられた場合、従業員に有利になるという箇所は無いでしょうか?(「退職届」にするメリットは思い浮かびませんが。)

◯菰田弁護士の回答

特に法的に違いはありませんので、問題ありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 役職手当や管理監督者手当が深夜手当の代わりという共通認識がある場合につ…

  2. 宿日直手当が支給される場合の割増賃金単価について

  3. 労働基準法上の割増賃金について

  4. パワハラの被害を理由に数日業務を行わない従業員の賃金について

  5. 車両借上げ規程において、事故による損害金を従業員負担とすることは問題な…

  6. 競業避止禁止の誓約書を取りたいが、どの程度の金銭的な対価が必要か

  7. ユニオンに対する評価内容等の開示を英文で行うことについて

  8. 助成金申請における帳簿の不正のリスクヘッジについて

PAGE TOP