就業規則を改訂する前にテレワークを実施することについて

◯事案の概要

新型コロナウイルスへの対策として就業規則を改訂する前にテレワークを実施することもあるかと考えるが、問題ないか

◯相談内容

新型コロナウイルス(以下コロナ)拡大やオリパラ開催に向けての対策としてテレワークの実施が推奨されていますが、コロナへの対応については、緊急性と重要性が高いものだと考えます。この場合、就業規則を改訂する前にテレワークを実施することもあるかと思いますが、問題はないのでしょうか?

可及的速やかに実施したいことから、以下のように考えていますが、いかがでしょうか。

・朝礼等で先の旨、全従業員に説明し、実施へ進める
・希望する者には、労働条件通知書兼雇用契約書に就業の場所を「テレワーク(在宅)」とし、他の項目については、原則、現状のままとし、締結する
・就業規則を改訂するかどうかは、国内の今後の動向を注視していきながら判断する

◯菰田弁護士の回答

就業規則で規定がないとテレワークをしてはならないという訳ではないので、問題ありません。ただ、テレワークになると勤怠管理など、通常勤務と比べてルールが変わって来るものですから、もし通常勤務と比べて従業員に順守させたい事柄などがあるなら、就業規則を変更してからの実施が良いでしょう。

そこを気にしなくて良いなら、就業規則の変更なしにテレワークを実施すること自体は構いません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 宿日直手当が支給される場合の割増賃金単価について

  2. グループ会社に出向した社員が出向先に転籍を望んでいる

  3. 変形労働制を採用したいが、1年単位と1ヶ月単位、どちらが良いか

  4. 社労士以外が死後事務委任契約業務として年金関係の手続きを行うことはでき…

  5. 助成金申請における帳簿の不正のリスクヘッジについて

  6. 自社の従業員に、自社店舗のすぐ隣の店(他社)での副業を認めても問題ない…

  7. 半日有給の時間数が午前と午後で異なることに不満を持つ従業員への対応

  8. 株主に対する法的な回答義務があるか

PAGE TOP