免許の取得費用を会社が負担し、勤続年数によっては返還を求めるという誓約書は違法か

◯事案の概要

中型免許などの取得費用を会社が立て替える代わりに、勤続年数が短い場合は年数に応じて費用の一部を返還させるという誓約書は違法ではないか

◯相談内容

運送業で、若い方に中型免許、または中途採用者にフォークリフト免許等を取得させるのに、「費用の立替の代わりに何年か勤続したら費用を返さなくて良い、勤務年数が短かったら年数に応じて費用の◯%を返還する」という誓約書がある場合、業務に直結、会社の指示などを考えれば、労基法16条に抵触すると考えますがいかがでしょうか。

また、その前提であれば、中小運送業などは、運転免許特に若年者を採用するのに、費用負担したにも関わらず退職という費用のリスクをどのように回避されているのでしょうか。

◯菰田弁護士の回答

おっしゃるとおり、抵触すると思います。ですので、少なくとも免許取得の費用という表現はなしで行かないといけませんね。

資金使途は限定せずに、単なる従業員への貸付として、貸し付けたお金を一定期間勤務を継続することで免除するという貸付制度にするしかないと思います。ですので、免許取得の費用を支払った段階では単なる貸付であって、費用には計上できない建て付けになりますね。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 1年単位の変形労働時間制における法定休日及び法定外休日の振替について

  2. 賃借人が賃料を管理会社ではなくオーナーに直接支払いたいといっている

  3. 未入金が生じている顧問先への対応について

  4. 身元保証書の提出を拒否してきた内定者を不採用にするときのリスクについて…

  5. 会社宛に従業員の給与差押えの通知が来た

  6. 全体の雇用期間が1年に満たない労働契約の雇止めと解雇権乱用法理

  7. 労組との団体交渉による「休日の新規急患入院受入れを2人に制限」を撤廃・…

  8. 健康診断費用の負担内訳は事業主側が就業規則等で決められるか

最新記事

PAGE TOP