減給の対象となる「1事案」について

◯事案の概要

従業員がお客からのクレームを上司へ報告せず放置していた件で懲戒処分として「減給」を行おうと考えている。この1事案を複数に分け、数回減給を行うことは可能か

◯相談内容

懲戒処分の減給で「1事案につき」という「1事案」について教えていただけますでしょうか。

クライアントから、従業員がお客からのクレームを上司へ報告せず放置していたことにより、損害賠償請求を受けました。(請求額は確定しています)

そのことをもって懲戒処分として「減給」を行おうとしていますが、就業規則に「1事案につき…減給する」と記載されています。

今回、この1事案を複数に分け、例えば「上司への報告を怠たり放置していたこと」「会社に損害を与えたこと」と2つにして、一度に2回の減給を行うことはいかがでしょうか。

私としては、あくまで「1事案」とは、言葉どおり1つの関連する事案(報告を怠り放置し、その結果、会社に損害を与えたこと)であると考えますがいかがでしょうか?

◯菰田弁護士の回答

そうですね、先生の解釈で間違いないと思いますよ。

本来、ここに関して明確な物差しはありませんので、一般的な常識で1つの事案かどうか判断するしかありません。しかし、今回の件に関しては、会社に損害を与えた件は行為ではなく結果でしかありませんので、別で評価することは不可能でしょう。

あくまで懲戒処分は、従業員の行為に関して懲戒するものであって、損害を与える行動に対して与えます。今回は放置していたことは行動で、損害を与えた事は結果ですので、これをダブルで評価することが不可能だと思います。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 喫煙者を採用したくない

  2. 自筆証書遺言書に特定がない財産の相続手続きについて

  3. 就業規則を改訂する前にテレワークを実施することについて

  4. 補助金の実績報告書に添付する書類について

  5. 派遣労働者の同一労働同一賃金(退職金)について

  6. 宿日直手当が支給される場合の割増賃金単価について

  7. 株式移転計画書に資本剰余金についての具体的な記載がなくても問題ないか

  8. 入社日からの未払い賃金を請求してきた従業員への対応

最新記事

PAGE TOP