19歳の未成年者が借金した場合、親権者に返済の義務があるか

◯事案の概要

19歳の未成年者が借金した場合、親権者に返済の義務があるか

◯相談内容

その未成年者は事理弁識能力が認められるため、未成年者の不法行為の場合と同様に親権者の監督責任が問われなければ、親権者に責任が問われることはない。

また、親権者が同意したなどの事情がない場合には返済義務はないと考えますが、いかがでしょうか。

親権者として消費貸借契約の取り消し権があり取り消した場合、そのお金が残っていなければ返還する必要はないと考えています。

◯菰田弁護士の回答

はい、親権者はあくまで未成年者の消費貸借契約締結に対して同意を与えるだけの存在であり、同意を与えることでその法的効力が未成年者に帰属するだけで、その返済に関して義務を負う立場にはありません。ですので、保護者が何らかの法的責任を負う事は一切ありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 解約手付金の返却について

  2. 会社法38条の実務上の取扱について

  3. 新民法1046条の解釈について

  4. 相続人を探すために職務上請求書を使用する場合の理由について

  5. 裁判所の合意管轄条項について

  6. 補助金の実績報告書に添付する書類について

  7. 行政書士法人は遺言執行者になれるのか

  8. 建物の所有者が亡くなり、相続人が全員相続放棄をした

最新記事

PAGE TOP