19歳の未成年者が借金した場合、親権者に返済の義務があるか

◯事案の概要

19歳の未成年者が借金した場合、親権者に返済の義務があるか

◯相談内容

その未成年者は事理弁識能力が認められるため、未成年者の不法行為の場合と同様に親権者の監督責任が問われなければ、親権者に責任が問われることはない。

また、親権者が同意したなどの事情がない場合には返済義務はないと考えますが、いかがでしょうか。

親権者として消費貸借契約の取り消し権があり取り消した場合、そのお金が残っていなければ返還する必要はないと考えています。

◯菰田弁護士の回答

はい、親権者はあくまで未成年者の消費貸借契約締結に対して同意を与えるだけの存在であり、同意を与えることでその法的効力が未成年者に帰属するだけで、その返済に関して義務を負う立場にはありません。ですので、保護者が何らかの法的責任を負う事は一切ありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 民法改正と瑕疵担保責任

  2. 顧問先の従業員から直接社労士事務所にクレームが入った

  3. 従業員が個人で加入している自動車保険の証券コピーを会社に提出してもらう…

  4. 社員が私利のために行った行為について、会社は表見代理を主張できるか

  5. 記名押印をせず署名のみで契約書を作成する際の割り印について

  6. 会社宛に従業員の給与差押えの通知が来た

  7. 包括遺贈または遺言と被相続人名義の預金口座の取扱について

  8. 労働基準法上の割増賃金について

最新記事

PAGE TOP