建設業許可の欠格要件「破産者で復権を得ないもの」について

◯事案の概要

役員の一人が自己破産をする可能性があるが、建設業許可の欠格要件の「破産者で復権を得ないもの」に該当するか

◯相談内容

建設業許可の欠格要件として 破産者で復権を得ないもの(法人の役員含む) が挙げられておりますが、この度、役員の一人が自己破産をする可能性があるのでどうしたらよいかという相談を受けております。

破産法第2条4項により「この法律において「破産者」とは、債務者であって、第三十条第一項の規定により破産手続開始の決定がされているものをいう。」とあるため、役員が破産の申し立てをしただけでは欠格要件に該当しないが、破産手続き開始の決定がなされた時点で欠格要件に該当し、この時点でも役員であれば、仮にのちに免責されたとしても法人が取得している許可が取消の対象になると解釈したのですが、この解釈で正しいでしょうか?

◯菰田弁護士の回答

おっしゃっている内容で間違いありません。

ですので、破産開始決定よりも前の時点で取締役から外れてもらい、復権してから改めて取締役に就任してもらうしかないでしょうね。

本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 新民法1046条の解釈について

  2. 自社ビルの店舗の賃貸借契約の更新を3年間から2年間に切り替えるメリット…

  3. 銀行口座を業者都合で凍結することができるのか

  4. 民法改正と瑕疵担保責任

  5. 役員報酬の決定を代表取締役に一任するという株主総会の決議は有効か

  6. 出資法4条の5%には成功報酬だけでなく着手金も含まれるか

  7. レストラン経営の食肉等のテイクアウト開始と厚労省の通達について

  8. 個人医院でものづくり補助金採択後に医療法人化を検討した場合の手続きにつ…

最新記事

PAGE TOP