婚姻期間20年以上である夫婦間における居住用不動産の贈与等に関する優遇措置について

◯事案の概要
婚姻期間20年以上である夫婦間における居住用不動産の贈与等に関する優遇措置について

◯相談内容
相続法改正により、婚姻期間20年以上である夫婦間における居住用不動産の贈与等に関する優遇措置について教えてください。

①遺言を書いた時点では婚姻期間が20年未満だが相続開始時には20年以上の場合は、この適用があると考えていいでしょうか?

②遺言が2019年7月1日の施行前に書かれていた場合には、この適用を受けられますか?

私は、①の場合は適用が受けられ、②の場合には適用されないため、遺言の書き直しが必要だと考えています。

◯菰田弁護士の回答
①について

はい、あくまで相続発生時点での話ですので、適用されますよ。

②について

遺贈時に20年を経過していればよく、遺贈の効力発生時とは死亡時ですので、あくまでも相続発生時(死亡時)を基準とします。なので、施行前に書かれていても問題ありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 保守契約で保守する側とされる側の条件が合わない場合の適切な折衷案

  2. 遺言書に名前がない相続人に送る財産目録には預金残高を明記しなくてもよい…

  3. 償却資産税の納税義務と対象資産の譲渡の合意の関係について

  4. 各申請書等の申請者表記について、理事長名義ではなく理事名義で申請は可能…

  5. 自筆証書遺言が遺言書本文とワープロ打ちの別紙で構成されている

  6. 【第3弾】高難度相続業務事例:この遺産分割協議書に足りないものは何か?…

  7. 業務を外注したいが、顧客を取られるリスクを防ぎたい

  8. 新民法1046条の解釈について

最新記事

PAGE TOP