相続人に財産を遺したくない

◯事案の概要
法定相続人には財産を相続させるつもりがないクライアントの自宅マンションの整理方法について相談したい

◯相談内容
配偶者と子どもは既に死亡しているクライアントについてご相談です。法定相続人となる人とはもう何十年付き合いがなく、全く相続させる気持ちはないとのこと。そこで、近く公正証書遺言を作成してもらうつもりですが、その際は相続をまったく介さずに財産を移転するようにしたいとのことです。

現金預金についてはお寺、公共団体等に寄付すると遺言すればいいと思うのですが、自宅マンションを売却して代金を寄付するとするような清算型遺贈にすると、相続登記を介さないと売却できないと思います。

そこで、直接寄付する、または清算型にする場合は、相続人以外の第三者に遺贈してから売却して代金を寄付する方法しかないと考えますが、いかがでしょうか。

◯菰田弁護士の回答
この場合の登記手続きは遺言執行者が行います。そして、法定相続人がいるのであれば、法定相続人に対して法定相続分で相続登記を行い、その後に売買で移転登記を行います。その際、換価することが遺言で定められていれば、相続人名義への相続登記は遺言執行者の単独申請で行うことができ、相続人から買主への移転登記は遺言執行者と買主の共同申請で行うことができますので、相続人の協力は不要です。これで換価してから寄付を行うことになりますね。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 遺言者が死亡したときよりも先に遺言執行者が死亡している

  2. 業務を外注したいが、顧客を取られるリスクを防ぎたい

  3. 【第2弾】高難度相続業務事例:この遺言書に不備はあるのか?

  4. 自筆証書遺言の存在が相続人以外誰にも知られていなくても、家裁で検認手続…

  5. 死後事務委任契約等を結ばずに、遺言書である程度対応したい

  6. 遺産分割協議書の土地の図面が不明確なため土地所有権の移転登記ができない…

  7. 自動車修理費用の支払いがなく、内容証明郵便を送ったが返送されてきた

  8. 複数の被相続人に関する遺産分割協議書を一枚にまとめたい

PAGE TOP