未成年相続人の親について、遺産分割協議書にはどのように表記すべきか

◯事案の概要
未成年が相続人となる場合、遺産分割協議書に父親を記載する際の表記としては「親権者」と「法定代理人」のどちらが適切か

◯相談内容
被相続人が未成年者3名の祖父で、母親が相続人なのですが祖父が亡くなる前に他界しております。未成年者の父親はご健在です。この場合、未成年者1名に対しては親権者である父親が未成年者を代理して、残りの2名に対してそれぞれ特別代理人を選任することになると思います。

未成年者の父親を遺産分割協議書に記載する際には、「相続人○○○○の親権者○○○○」または「相続人○○○○の法定代理人○○○○」のどちらが適切でしょうか?

「親権者」としても「法定代理人」としてもどちらでも問題はないかと存じますが、ご教授お願いいたします。

◯菰田弁護士の回答
そうですね、どちらでも問題ありませんが、代理人として押印する場面ですので法定代理人の方が正確でしょう。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 解散にともなう”知れている”債権者への催告について

  2. 相続人に財産を遺したくない

  3. 業務を外注したいが、顧客を取られるリスクを防ぎたい

  4. 新民法1046条の解釈について

  5. 審査請求における執行停止は審査請求に先立って行うことができるか

  6. 自筆証書遺言の存在が相続人以外誰にも知られていなくても、家裁で検認手続…

  7. 銀行預金口座の仮差押えにあたって、債務者は銀行預金口座以外に資産がない…

  8. 谷内田 真也 様(行政書士)LEGALMAGIC会員様インタビュー

最新記事

PAGE TOP