各申請書等の申請者表記について、理事長名義ではなく理事名義で申請は可能か

◯事案の概要

定款認可申請書や各種変更届の右上の申請者表記について、理事長名義ではなく理事名義で申請は可能か

◯相談内容

定款認可申請書や各種変更届の右上の申請者表記について、理事長名義ではなく理事名義で申請は可能でしょうか。

社員総会、理事会決議過半数で申請に関する手続きを委任することも手続き上可能ではないかと思慮したため、質問させていただきました。

◯菰田弁護士の回答

法律論としては、医療法人の意思決定権がないと申請ができませんよね。なので、仰る通り理事会等で委任して、その理事に決定権が存在している状況であれば、理事名でも申請は可能なはずです。

ただ、そうなると決定権が存在していることを証明するために理事会の議事録などを確認していかないといけないので、あとは自治体がそのようなイレギュラーを受け入れるかどうかです。

意思決定権があるかどうかを確認するための資料確認をしなくてはならなくなり、申請の受理業務が煩雑化してしまうため、行政側の裁量として理事長に限定するというのも裁量の範囲内かなと感じます。

ですので、自治体が受け入れるかどうかによるでしょうね。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 自筆証書遺言の存在が相続人以外誰にも知られていなくても、家裁で検認手続…

  2. 審査請求における執行停止は審査請求に先立って行うことができるか

  3. 離婚の慰謝料や養育費の支払は特別受益にあたるか

  4. 民法改正と瑕疵担保責任

  5. 契約解除に伴う代金の返金に関する文書を公正証書にしたい

  6. 解約手付金の返却について

  7. 受任者の押印がない委任状は正式な効力があるといえるか

  8. 保守契約で保守する側とされる側の条件が合わない場合の適切な折衷案

PAGE TOP