正妻と内縁の女性と夫の3人が共同生活している場合、内縁女性は遺族年金を受け取れるのか

◯事案の概要

正妻と内縁の女性と夫の3人が共同生活している場合、内縁女性は遺族年金を受け取れるのか

◯相談内容

遺族年金についてですが、男性に戸籍上の妻がいる場合であっても、内縁の女性でも生活の期間や生活状況などの実態によっては遺族年金を受給できると可能性があると思っていたのですが、その考え方で宜しいでしょうか?

今回、戸籍上の妻と内縁関係の女性が男性と一緒に居住(3人で生活)している場合はどうか?との相談を受けました。この場合、内縁関係の女性は遺族年金の受給の可能性はないと考えて良いでしょうか?

◯菰田弁護士の回答

はい、実質的に養育されている方が受け取るのですが、やはり法律上の配偶者の方が扶養関係は優先されるので、配偶者と3人で同居して面倒を見ているなら配偶者が優先されるでしょうね。

内縁の妻が優先されるのは、配偶者との婚姻関係が破綻していて、全く扶養しておらず、内縁の妻を扶養しているケースですね。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 保守契約で保守する側とされる側の条件が合わない場合の適切な折衷案

  2. 行政書士法人は遺言執行者になれるのか

  3. 業務委託契約を結び、委託先の従業員の中で仕事をすることについて

  4. 贈与予約契約は可能か

  5. 新民法1046条の解釈について

  6. 相続人に財産を遺したくない

  7. 委託販売における消費税の取り分について

  8. 償却資産税の納税義務と対象資産の譲渡の合意の関係について

PAGE TOP