遺言者が死亡したときよりも先に遺言執行者が死亡している

◯事案の概要
自筆証書遺言に関する質問

◯相談内容
自筆証書遺言に遺言執行者が指定されていたが、遺言者が死亡した時にはすでに遺言執行者が死亡していた。遺言者が死亡したときよりも先に遺言執行者が死亡していたときの2番目の遺言執行者は指定されていない。

このような場合は、遺言執行者が指定されていない遺言と理解していいでしょうか?遺言執行者が指定されていない遺言と理解していいと考えますが、間違っていますでしょうか?

◯菰田弁護士の回答
はい、大丈夫です。すでに存在しない人が執行者として指定されていても、執行のやりようがありませんので。

本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 償却資産税の納税義務と対象資産の譲渡の合意の関係について

  2. 意識不明な人の意思表示について

  3. 運送業許可を持たないが、資材等を運ぶ際に別途「配送料」として請求してよ…

  4. 自筆証書遺言の存在が相続人以外誰にも知られていなくても、家裁で検認手続…

  5. 受任者の押印がない委任状は正式な効力があるといえるか

  6. 自筆証書遺言書に特定がない財産の相続手続きについて

  7. 社員が私利のために行った行為について、会社は表見代理を主張できるか

  8. 高難度相続業務事例:この戸籍にある「違和感」に気が付けますか?

PAGE TOP