高難度相続業務事例:この戸籍にある「違和感」に気が付けますか?

相続・遺言業務を取り扱う専門家のあなたへ問題です。

これは、ある人の戸籍を元に作成したサンプルとしての戸籍です。プライバシー保護のため、実物を公開することはできませんが、実物を元に個人情報を書き換えて作成しました。

さて、この戸籍を見てあなたは何を考えますか?

戸籍データを見る(こちらをクリック)

一般の人であれば、この戸籍は理解することもできないでしょう。しかし、あなたがもし相続・遺言業務を取り扱う本当の専門家であるならば、「ある違和感」に気づくはずです。

もし、あなたがこの戸籍の違和感に気づくことができなければ、「争族」を防ぐどころか、大切な家族の絆を相続業務で引き裂いてしまう可能性があります。

言うまでもなく、相続・遺言業務というのはひとつひとつの家族携わる重要な業務です。もし、この戸籍の違和感に気づかなければ、残念ながら力不足と言わざるを得ないでしょう。

回答はあなた自身に気づいてほしい…ところですが、今回は高難度業務研究会で150名以上の士業を顧問に持つ菰田泰隆弁護士に解説をしていただきました。

菰田弁護士からのメッセージを預かっています。

相続・遺言業務は、人の人生を預かり、残された家族の今後を決める極めて重要な仕事です。しかしながら、「専門家」と名乗りながら、戸籍のひとつも読めないような人が、相続・遺言の専門家として堂々と営業をしています。そうしたまるで偽者のような専門家は、相続業務に携われば携わるほど、多くの人に迷惑をかけることになります。今回は、戸籍の解説になりますが、この解説があなたの相続・遺言業務のスキルを高めることになり、ひとつでも多くの幸せな相続が生まれることを祈念しております。
弁護士 菰田泰隆

相続・遺言業務は親しみのある業務のため、いわゆる「新人」と呼ばれる人たちも参入しやすい業務であるといえます。しかし、力不足の専門家が、多くの家族にかえって迷惑をかけてしまっているのも事実。しかもその多くが、迷惑をかけていることに気づいていないのです。

ぜひ、あなたも菰田弁護士の解説をきっかけに、ひとつでも多くの幸せな相続に携わってほしいと考えています。

(執筆:特定行政書士 横須賀輝尚)

菰田弁護士の解説をご覧になりたい場合は、下記のフォームからメールアドレスを記入の上、送信ボタンをクリックしてください。なお、この解説の公開は、先着50名までの登録とさせていただきます。



お名前  *
メールアドレス  *

【ご注意】
・ご入力頂いた内容は弊社のプライバシーポリシーの下、細心の注意を払って保管致します。
・ご入力頂いた情報はSSL技術により暗号化され送信されるため、外部に情報が漏れる心配はございません。
・フィルタリング機能の強化により、yahoo、msn、infoseek、goo、hotmailなどのフリーメールでのご登録の場合、弊社からのメールが届かないことがあります。フリーメールでなく、固定メールでの登録をおすすめいたします。
・パワーコンテンツジャパン株式会社が提供している無料レポート及び各種資料をダウンロードされた方は、同社発行のメールマガジンに登録させていただきます。なお、メールマガジンはいつでも解除することができます。解除については配信されるメールマガジン本文をお読みください。

菰田泰隆弁護士プロフィール
弁護士法人菰田総合法律事務所代表弁護士
株式会社日本歯科総合コンサルティング 代表取締役

弁護士法人菰田総合法律事務所代表弁護士。税理士・社会保険労務士資格も併せ持つ。九州大学法学部卒、早稲田大学大学院卒。大学院卒業後、司法試験に合格。2013年、弁護士登録と同時に菰田法律事務所を開設し、独立。2014年、顧客急増により事務所開設1年で法人化し、2拠点展開。開業当初より相続等の家事事件に注力し、2016年、遺産分割だけでなく相続登記・相続税申告まで対応するワンストップ体制を構築。2017年、紛争性のない相続や認知症対策のための家族信託にも注力し、株式会社相続の窓口取締役に就任、一般社団法人民事信託協会理事に就任することで、あらゆる相続ニーズに応える体制を構築。また一方で、2016年、社会保険労務士事務所を開設し、クライアントの顧問社労士兼顧問弁護士として、社労士のみ弁護士のみでは提供できない高品質の労務管理コンサルティングを提供開始。2017年、企業のニーズに応えるため、今までにない顧問弁護士形態『フレックス顧問契約』、労務管理体制のトータルリーガルチェック『無料労務チェック』を開始。「弁護士の枠を超えた新しい価値の提供」を理念に、他の事務所ではできないサービス提供を続ける。

関連記事

  1. 複数の被相続人に関する遺産分割協議書を一枚にまとめたい

  2. 【第2弾】高難度相続業務事例:この遺言書に不備はあるのか?

  3. 遺言者が死亡したときよりも先に遺言執行者が死亡している

  4. 新民法1046条の解釈について

  5. 相続放棄の熟慮期間中に相続人が被相続人の債務を弁済した

  6. 自筆証書遺言書に特定がない財産の相続手続きについて

  7. 自筆証書遺言の存在が相続人以外誰にも知られていなくても、家裁で検認手続…

  8. 自筆証書遺言について

PAGE TOP