養子の代襲相続について

◯事案の概要

Cの養子A、Aの養子Bがおり、さらにAには養子Dがいる。このときAがCよりも先に死亡したとすれば、養子縁組前であるBは代襲者にはならず養子縁組後のDは代襲者になるという理解で良いか

◯相談内容

A夫妻には子がおらず、養子Bがいます。その後Aはやはり子がいないC夫妻の養子になりました。さらに、AとC夫妻と養子縁組した後にA夫妻はDを養子としました。つまり、A夫妻にはBとDという2人の養子がいます。

その後、Aの養父Cが亡くなる前にAが先に亡くなり、さらにCが亡くなりました。その場合のCの代襲相続ですが、AとCとの養子縁組前のBは代襲者にはならず、養子縁組後のDは代襲者になると思うのですが、いかがでしょうか?

Aの実子ではなくAの養子のことになりますが、民法887条2項のただし書きで「被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない」と代襲相続を否定しているためです。

◯菰田弁護士の回答

おっしゃるとおりBはAの直系卑属ですが、Cの直系卑属ではないので代襲相続は発生しません。DはAC間に親子関係がある状態で養子縁組をしていますので、Cの直系卑属になりますから、代襲相続が発生します。

先生のおっしゃっている内容で間違いありませんよ。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 契約解除に伴う代金の返金に関する文書を公正証書にしたい

  2. 行政書士法人は遺言執行者になれるのか

  3. 業務委託契約を結び、委託先の従業員の中で仕事をすることについて

  4. 新民法1046条の解釈について

  5. 囲繞地と通行料について

  6. 償却資産税の納税義務と対象資産の譲渡の合意の関係について

  7. 社員が私利のために行った行為について、会社は表見代理を主張できるか

  8. 裁判所の合意管轄条項について

PAGE TOP