自筆証書遺言について

◯事案の概要
自筆証書遺言の有効性について

◯相談内容
自筆証書遺言があります。これから検認手続を経て、登記申請の予定です。
自筆証書遺言はかなり古いもので、封もされていません。本人の自筆で筆記され、印鑑も押してありますが、日付は冒頭に記されたものだけです。

末尾に、二名の証人の署名、捺印がありますが、有効性に問題はないでしょうか?

 

◯菰田弁護士の回答
証人は不要ですが、あっても無効になるものではありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 包括遺贈または遺言と被相続人名義の預金口座の取扱について

  2. 被相続人の土地が競売にかけられたとき、原因となった相続人に対して損害賠…

  3. 確定日付と宣誓認証・追加信託について

  4. 創業者間の株主間契約書を規模が拡大した時に作成したい

  5. 【第3弾】高難度相続業務事例:この遺産分割協議書に足りないものは何か?…

  6. 新設分割の手続きに先立ち資金だけ移動させたい

  7. 限定承認手続きにおける鑑定人の未上場株式の評価基準について

  8. 自己破産をしたことが信用情報に残っており、住宅ローンを組むことができな…

最新記事

PAGE TOP