自筆証書遺言について

◯事案の概要
自筆証書遺言の有効性について

◯相談内容
自筆証書遺言があります。これから検認手続を経て、登記申請の予定です。
自筆証書遺言はかなり古いもので、封もされていません。本人の自筆で筆記され、印鑑も押してありますが、日付は冒頭に記されたものだけです。

末尾に、二名の証人の署名、捺印がありますが、有効性に問題はないでしょうか?

 

◯菰田弁護士の回答
証人は不要ですが、あっても無効になるものではありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 最適な増資方法について

  2. 契約書完成後に契約日付が変わったため捨印で修正するときの問題点

  3. 募集株式の数の上限について

  4. 持株会により株を保有する社員が退職時に株を売買することは問題があるか

  5. 根抵当権の解除証書について

  6. 婚姻期間20年以上である夫婦間における居住用不動産の贈与等に関する優遇…

  7. 新民法1046条の解釈について

  8. 遺言者が死亡したときよりも先に遺言執行者が死亡している

最新記事

PAGE TOP