自筆証書遺言について

◯事案の概要
自筆証書遺言の有効性について

◯相談内容
自筆証書遺言があります。これから検認手続を経て、登記申請の予定です。
自筆証書遺言はかなり古いもので、封もされていません。本人の自筆で筆記され、印鑑も押してありますが、日付は冒頭に記されたものだけです。

末尾に、二名の証人の署名、捺印がありますが、有効性に問題はないでしょうか?

 

◯菰田弁護士の回答
証人は不要ですが、あっても無効になるものではありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 自筆証書遺言書に特定がない財産の相続手続きについて

  2. 農地法の5条許可は誰との間に必要となるのか

  3. 介護保険の還付金の遺産分割協議書の記載方法について

  4. 【第2弾】高難度相続業務事例:この遺言書に不備はあるのか?

  5. 持株会により株を保有する社員が退職時に株を売買することは問題があるか

  6. 会社が連帯保証をする場合、100%株主会社の株主総会決議が必要か

  7. 取締役として訴訟の場などに出ることは、非弁行為にあたらないか

  8. 遺言者が死亡したときよりも先に遺言執行者が死亡している

PAGE TOP