介護保険の還付金の遺産分割協議書の記載方法について

◯事案の概要

介護保険の還付金の遺産分割協議書の記載方法について

◯相談内容

遺産分割協議書の記載についてのご相談です。介護保険の還付金について、遺産分割協議書へ記載する必要があるのですが、すでに還付金の入金が済んだ後に遺産分割協議を行う場合は「手元現金、家庭用財産及び介護保険還付金については、Aが取得する」と記載

介護保険還付金の入金が済んでいない場合は「次の未収金に関する一切の権利については、Aが相続する」というような記載が良いかと存じますが、いかがでしょうか。

◯菰田弁護士の回答

良いと思いますよ。
支払済なら現金で、まだなら債権ですので、それが分かれば良いですね。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 遺言書に名前がない相続人に送る財産目録には預金残高を明記しなくてもよい…

  2. 「遺留分を侵害する信託契約は、公序良俗違反で無効」とする地裁判決につい…

  3. 解散にともなう”知れている”債権者への催告について

  4. 遺言者が死亡したときよりも先に遺言執行者が死亡している

  5. 相続人に財産を遺したくない

  6. 業務を外注したいが、顧客を取られるリスクを防ぎたい

  7. 詐欺被害の告訴状を警察に出したが、数ヶ月経った今も正式に受理されていな…

  8. 死後事務委任契約等を結ばずに、遺言書である程度対応したい

最新記事

PAGE TOP