介護保険の還付金の遺産分割協議書の記載方法について

◯事案の概要

介護保険の還付金の遺産分割協議書の記載方法について

◯相談内容

遺産分割協議書の記載についてのご相談です。介護保険の還付金について、遺産分割協議書へ記載する必要があるのですが、すでに還付金の入金が済んだ後に遺産分割協議を行う場合は「手元現金、家庭用財産及び介護保険還付金については、Aが取得する」と記載

介護保険還付金の入金が済んでいない場合は「次の未収金に関する一切の権利については、Aが相続する」というような記載が良いかと存じますが、いかがでしょうか。

◯菰田弁護士の回答

良いと思いますよ。
支払済なら現金で、まだなら債権ですので、それが分かれば良いですね。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 損害賠償請求の上限についての記載を契約書や約款に盛り込むことは可能か

  2. 婚姻期間20年以上である夫婦間における居住用不動産の贈与等に関する優遇…

  3. 相続人に財産を遺したくない

  4. 契約書に印紙を貼る義務が生じるタイミングについて

  5. 囲繞地と通行料について

  6. 正妻と内縁の女性と夫の3人が共同生活している場合、内縁女性は遺族年金を…

  7. 業務を外注したいが、顧客を取られるリスクを防ぎたい

  8. 未成年相続人の親について、遺産分割協議書にはどのように表記すべきか

最新記事

PAGE TOP