介護保険の還付金の遺産分割協議書の記載方法について

◯事案の概要

介護保険の還付金の遺産分割協議書の記載方法について

◯相談内容

遺産分割協議書の記載についてのご相談です。介護保険の還付金について、遺産分割協議書へ記載する必要があるのですが、すでに還付金の入金が済んだ後に遺産分割協議を行う場合は「手元現金、家庭用財産及び介護保険還付金については、Aが取得する」と記載

介護保険還付金の入金が済んでいない場合は「次の未収金に関する一切の権利については、Aが相続する」というような記載が良いかと存じますが、いかがでしょうか。

◯菰田弁護士の回答

良いと思いますよ。
支払済なら現金で、まだなら債権ですので、それが分かれば良いですね。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 自筆証書遺言の存在が相続人以外誰にも知られていなくても、家裁で検認手続…

  2. 審査請求における執行停止は審査請求に先立って行うことができるか

  3. 離婚の慰謝料や養育費の支払は特別受益にあたるか

  4. 契約書に印紙を貼る義務が生じるタイミングについて

  5. 保守契約で保守する側とされる側の条件が合わない場合の適切な折衷案

  6. 契約解除に伴う代金の返金に関する文書を公正証書にしたい

  7. 外国人の刑事記録を取るにあたり、婚約者は「正当な理由がある」者といえる…

  8. 業務委託契約を結び、委託先の従業員の中で仕事をすることについて

PAGE TOP