介護保険の還付金の遺産分割協議書の記載方法について

◯事案の概要

介護保険の還付金の遺産分割協議書の記載方法について

◯相談内容

遺産分割協議書の記載についてのご相談です。介護保険の還付金について、遺産分割協議書へ記載する必要があるのですが、すでに還付金の入金が済んだ後に遺産分割協議を行う場合は「手元現金、家庭用財産及び介護保険還付金については、Aが取得する」と記載

介護保険還付金の入金が済んでいない場合は「次の未収金に関する一切の権利については、Aが相続する」というような記載が良いかと存じますが、いかがでしょうか。

◯菰田弁護士の回答

良いと思いますよ。
支払済なら現金で、まだなら債権ですので、それが分かれば良いですね。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 受託者を信託監督人が解任する契約は無効か

  2. 自筆証書遺言書に特定がない財産の相続手続きについて

  3. 慰謝料を不倫相手に請求したいとき、離婚協議書に記載して良いか

  4. 婚姻期間20年以上である夫婦間における居住用不動産の贈与等に関する優遇…

  5. 離婚の慰謝料や養育費の支払は特別受益にあたるか

  6. 委託販売における消費税の取り分について

  7. 新民法1046条の解釈について

  8. レストラン経営の食肉等のテイクアウト開始と厚労省の通達について

最新記事

PAGE TOP