谷内田 真也 様(行政書士)LEGALMAGIC会員様インタビュー

―行政書士として開業された経緯を教えてください。

私は大学で法学部に所属していて、卒業後は大学院に進んでそのまま法学の研究を続けるつもりでした。しかし、大学院入試に落ちて1年浪人することになったときに東日本大震災が起こり、「研究よりも、もっと人と直接関わって役に立つ仕事をしたい」と思ったことがきっかけでした。
そこで法律の知識を活かせる仕事を調べているときに行政書士という資格を知り、この資格で開業しようと決めました。合格後に2年一般企業に勤めて社会人経験を積み、その後独立開業して今に至ります。

―LEGALMAGICにご入会いただいた理由はどこにあったのでしょうか?

最初にLEGALMAGICを知ったのはサービスが始まる前で、LEGALBACKSに入会しているときにニュースレターやメルマガなどで知りました。お客様から相談を受ける中で、自分1人で結論を出して回答することに不安を感じることもあったのですが、弁護士に回数無制限で質問ができるという内容に非常に魅力を感じて入会を決めました。

―月額1万円という価格についてはいかがですか?

月1万円で自分のお客様の悩みを弁護士に聞けるのというのは、逆に安すぎるくらいです。相談できる環境があるという安心感もとても高いですね。

―ありがとうございます。LEGALMAGICにご入会いただく際に、他のサービスと比較検討はされましたか?

類似サービスはほとんどないので、比較はしていません。他に似たようなサービスを探そうとすると単純に知り合いの弁護士に頼むかどうかという話になると思いますが、弁護士に自分のお客様の相談をするという発想はありませんでした。

―毎月ニュースレターをお送りしていますが、ニュースレターについてはいかがですか?

菰田先生と横須賀さんの対談が文字で読めるのも良いですし、個人的には選書が一番です。自分よりレベルが高い方がどんな本を読んでいるのか非常に興味があるので、菰田先生が勧める書籍が知れるのはいいですね。紹介されている書籍は、ほぼ毎月購入しています。ニュースレター全体のボリュームもとても多くて、むしろこんなに盛りだくさんでいいのかと思うほどの量でとても満足しています。
それから、他の会員の方の相談内容も掲載されているので、自分の経験値を積むという意味で非常に役立っています。特に労務は行政書士としては、業務としては関われない分野ではありますが、お客様から質問されることがあるので、知識があることでお客様の役にも立つことができます。

―LEGALMAGICでは、菰田先生に回数無制限で質問や相談ができるシステムになっています。この点についてはいかがでしょうか。

菰田先生からのレスポンスも早くてとても助かっていますし、質問したことに対して菰田先生が調べて回答してくださることもありますが、カバーしてもらえる範囲がかなり広い印象があります。菰田先生なりの見解が聞けるのは勉強になります。

―LEGALMAGICにご入会されて、今どのように感じられていますか?

菰田先生に回数無制限で相談できることがとても大きいです。
それから、私はそこまで利用していませんが補助金や助成金のサポートも充実していますよね。どうしても行政書士という仕事をしているとお客様からお金の話が出ることも多いので、「もし必要になったらLEGALMAGICでお願いできるな」という安心感はあります。
基本的には満足していますが、もし要望があるとすれば、LEGALStockがもう少し検索しやすくなるといいかもしれません。

―LEGALMAGICに入会した方が最大限活用するためのポイントを教えてください。

受け身で「LEGALMAGICに入れば何とかなる」という考えでは、間違いなく期待外れになると思います。菰田先生に質問するときも、「お客様からこういう質問をいただいたのですが、どう思いますか?」というような聞き方ではなくて、自分なりに調べて「この点が分らないのですが、ここはどのように判断すればよいでしょうか」というような、まず自分の見解ありきでの相談でないとお互いに不幸になってしまいます。ですから、自分で調べたり考えたりができない受け身の方は不向きかもしれません。

―入会を迷っている方にメッセージをお願いします。

月額1万円で弁護士に質問できるサービスというのはなかなか他にはありません。しかも菰田先生は回答が速い上に的確かつ明確です。特に企業法務をされている方は、入らない理由はないと思います。
値段で入会を迷われている方もいるかもしれませんが、月1万を払っても価値があるサービスだと私は思っています。菰田先生への質問が仮にないとしても毎月のニュースレターだけでも十分勉強できますし、受けられる恩恵は想像以上に大きいのではないでしょうか。
「思っていたのと違うな」と思ったらすぐ退会すればいいだけなので、迷う理由がお金なのであれば、とりあえず入会してみることをお勧めします。

―本日はお忙しい中、ありがとうございました。

関連記事

  1. 新民法1046条の解釈について

  2. 外国人の刑事記録を取るにあたり、婚約者は「正当な理由がある」者といえる…

  3. 遺言書に名前がない相続人に送る財産目録には預金残高を明記しなくてもよい…

  4. 銀行口座を業者都合で凍結することができるのか

  5. 行政書士法人は遺言執行者になれるのか

  6. 民法改正と瑕疵担保責任

  7. 契約解除に伴う代金の返金に関する文書を公正証書にしたい

  8. 養子の代襲相続について

PAGE TOP