在職中に死亡し、未支給給与がある社員の親族を名乗る人物への対応方法について

◯事案の概要

顧問先で在職中に死亡した社員があり、娘を名乗る人物から連絡があった。未支給給与の支払いについてどのように対応すべきか

◯相談内容

社員が在職中に死亡し、未支給給与の支払いをその社員の「娘」を名乗る方から顧問先に連絡があり、どのように対応するべきかという相談を受けております。

この会社には、社員死亡時の未支給給与・退職金支給に関する定めは特にありません。そうした場合、基本的には労基法施行規則で定められている遺族補償の受給権者とその順位によるかと思います。

本件の場合、申出のあった「娘」さんに対し、次のような照会・要請を考えております。

①人定のため、住民票(生計同一等の要件確認)、戸籍謄本の提出を求めること。
②娘さんに兄弟姉妹のいる場合、未支給給与を娘さんに支払うことの承諾書を出してもらう。

◯菰田弁護士の回答

そうですね、まずは相続関係を確定しないといけませんね。ですので、相続人が確定できるだけの戸籍の提出が必要でしょう。

その上で、その方以外に相続人がいれば、遺産分割協議がまとまるまで支払わないという対応をされるか、遺産分割協議成立前でも、先生がおっしゃるように他の相続人の承諾が確認できれば払うという流れが良いと思います。

本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 競業避止義務違反と秘密保持

  2. 事業場ごとに異なる変形労働時間制を採用している会社で、事業場間の配置転…

  3. 雇用契約で約束している祝日の解釈について

  4. 社労士以外が死後事務委任契約業務として年金関係の手続きを行うことはでき…

  5. 身元保証書の提出を拒否してきた内定者を不採用にするときのリスクについて…

  6. 免許の取得費用を会社が負担し、勤続年数によっては返還を求めるという誓約…

  7. 始業15分前の打刻も労働時間に参入しなければならないのか

  8. ユニオンに対する評価内容等の開示を英文で行うことについて

最新記事

PAGE TOP