詐欺被害の告訴状を警察に出したが、数ヶ月経った今も正式に受理されていない

◯事案の概要

詐欺被害者が複数で告訴状を警察に出したが、数ヶ月経った今も正式に受理されていない

◯相談内容

詐欺被害にあった場合で、

①刑事告訴をして警察が正式に受理してくれる
②警察が本腰を入れて動いてくれる
③犯人の身柄確保
④示談交渉にて、被害額の返金

上記の段階ごとに、確率的にはどの程度なのでしょうか?

案件によって異なると思いますが、私の顧問先が詐欺にあい、同じ被害にあった被害者が複数で、弁護士を通じて告訴状を警察に出したのですが、数ヶ月経った今も正式に受理されていません。

◯菰田弁護士の回答

可能性の問題ではなく、証拠の問題ですね。証拠が揃っていれば100%受理されますが、揃っていなければ100%受理されません。

おそらく警察・検察から見て証拠が足りないのでしょうね。告訴状や証拠一式を見せていただければ、セカンドオピニオンとして意見を出すことはできますので、必要なら言ってください。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 業務委託契約を結び、委託先の従業員の中で仕事をすることについて

  2. 介護保険の還付金の遺産分割協議書の記載方法について

  3. 婚姻期間20年以上である夫婦間における居住用不動産の贈与等に関する優遇…

  4. 囲繞地と通行料について

  5. 受任者の押印がない委任状は正式な効力があるといえるか

  6. 保守契約で保守する側とされる側の条件が合わない場合の適切な折衷案

  7. 外国人の刑事記録を取るにあたり、婚約者は「正当な理由がある」者といえる…

  8. 慰謝料を不倫相手に請求したいとき、離婚協議書に記載して良いか

PAGE TOP