詐欺被害の告訴状を警察に出したが、数ヶ月経った今も正式に受理されていない

◯事案の概要

詐欺被害者が複数で告訴状を警察に出したが、数ヶ月経った今も正式に受理されていない

◯相談内容

詐欺被害にあった場合で、

①刑事告訴をして警察が正式に受理してくれる
②警察が本腰を入れて動いてくれる
③犯人の身柄確保
④示談交渉にて、被害額の返金

上記の段階ごとに、確率的にはどの程度なのでしょうか?

案件によって異なると思いますが、私の顧問先が詐欺にあい、同じ被害にあった被害者が複数で、弁護士を通じて告訴状を警察に出したのですが、数ヶ月経った今も正式に受理されていません。

◯菰田弁護士の回答

可能性の問題ではなく、証拠の問題ですね。証拠が揃っていれば100%受理されますが、揃っていなければ100%受理されません。

おそらく警察・検察から見て証拠が足りないのでしょうね。告訴状や証拠一式を見せていただければ、セカンドオピニオンとして意見を出すことはできますので、必要なら言ってください。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 建設業許可の欠格要件「破産者で復権を得ないもの」について

  2. 銀行預金口座の仮差押えにあたって、債務者は銀行預金口座以外に資産がない…

  3. 社員が私利のために行った行為について、会社は表見代理を主張できるか

  4. 遺言書に名前がない相続人に送る財産目録には預金残高を明記しなくてもよい…

  5. 仮想通貨のトラブルで、返金を約束していながら発行者がそのまま姿をくらま…

  6. 19歳の未成年者が借金した場合、親権者に返済の義務があるか

  7. 償却資産税の納税義務と対象資産の譲渡の合意の関係について

  8. 離婚の慰謝料や養育費の支払は特別受益にあたるか

PAGE TOP