見舞金規程がないが、見舞金を従業員に支給したい

◯事案の概要

帝王切開をした従業員に対し、会社が加入している民間保険から支払われる金額の一部を見舞金として支払いたいが、見舞金規程を作っていない

◯相談内容

帝王切開をした従業員に対して、会社が加入している民間保険から支払われる金額の一部を見舞金として支払おうと考えております。

この場合、見舞金規程のようなものがなくても支払いについて問題がないでしょうか?規定がないと、手当のようなものになり課税などがあるのでしょうか。また、会社の経理上の処理に問題が発生しますか?

◯菰田弁護士の回答

規定がなくても会社としては福利厚生費として損金計上可能ですし、従業員側も社会通念上の合理性のある金額なら給与課税されません。なので、今回のことだけを考えれば規定は作成しなくても大丈夫です。

これが今後のことを考えると、規程がないと基準が明確じゃないので、福利厚生費としての合理性を基礎付けることが難しく、金額にバラつきが出たりすれば税務上否認されるケースも出てきます。

そのため、今後のことを考えれば基準として規程を作成しておいた方が良いというレベルの話ですね。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. ゲーム改造ソフト利用が詐欺罪に当たるか

  2. 占有と時効取得

  3. 譲渡承認手続きについて

  4. デイサービスの職員が未成年の利用者から肩を叩かれてケガをした

  5. 売上に連動した時間外手当の有効性について

  6. 就業規則と個別の労働契約ではどちらに優位性があるか

  7. 役職手当や管理監督者手当が深夜手当の代わりという共通認識がある場合につ…

  8. H31年5月の10連休の解釈について

最新記事

PAGE TOP