年次有給休暇の買い上げ限度日数についてのご相談

○事案の概要
年次有給休暇の買い上げ限度日数について、根拠となる判例・通達、または解釈があれば知りたい

○相談内容
有休の買い上げについては原則として認められないものの、例外的に以下の③つのケースであれば、買い上げても労基法違反にはならないかと存じます。

①法律の規定を上回って付与している日数の有休
②時効となる有休
③退職によって無効となる有休

色々と調べてみましたが、特に有休の買い上げ限度日数についての根拠資料は見つかりませんでした。有休の買い上げ限度日数について、根拠となる判例・通達、または解釈等がありましたらお教えください。

○菰田弁護士の回答
まず、有給を買い上げることが禁止されているという根拠は労働基準法39条になります。では、買い上げが許される根拠はどこにあるのかと言えば、これも同じく労基法39条になります。この条文は、法定の有給日数を定めており、その日数だけ有給を与えなくてはならないという条文です。

したがって、この日数を超える分について買い上げても、もはや権利として存在しないものを買い上げることも、「実際に有給を取得させて、従業員に休息を与える」という39条の趣旨と抵触しません。そのため、退職時の買い上げや時効にかかった分の買い上げが許されるのです。

結論としては、「時効にかかっている日数全部を買い上げて構わない」という回答になろうかと思います。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 役職手当や管理監督者手当が深夜手当の代わりという共通認識がある場合につ…

  2. グループ会社に出向した社員が出向先に転籍を望んでいる

  3. 基本給を下げるときの法的な手続き方法について

  4. 毎年4月になると休暇を申し出ていた労働者への休業手当の支給

  5. 障害者が傷病手当金を申請するための要件として障害年金の支給決定が必要か…

  6. 始業15分前の打刻も労働時間に参入しなければならないのか

  7. 事業譲渡に伴う退職理由は「解雇」か「転籍」か

  8. 派遣労働者の同一労働同一賃金(退職金)について

最新記事

PAGE TOP