業務委託契約を結び、委託先の従業員の中で仕事をすることについて

◯事案の概要
委託先の従業員と混ざって仕事をしてはいけないという趣旨の法律は存在するか

◯相談内容
業務委託契約を結んで委託先で業務を行う場合に、「委託先の従業員と混ざって(場所的、物理的、業務内容的に)仕事をしてはいけない」との趣旨の法律などは存在しないという認識で間違いないでしょうか?

調べてみたのですが、業務委託契約自体を取り締まる法律はないはずなので大丈夫だと思うのですが、念のために確認したく質問させていただきました。

◯菰田弁護士の回答
大丈夫ですよ。時間管理されていないのであれば、従業員とは異なりますので。

関連記事

  1. 年俸制の最低賃金の計算方法について

  2. 基本給を下げるときの法的な手続き方法について

  3. 新民法1046条の解釈について

  4. 事業譲渡に伴う退職理由は「解雇」か「転籍」か

  5. 事業場ごとに異なる変形労働時間制を採用している会社で、事業場間の配置転…

  6. パワハラの被害を理由に数日業務を行わない従業員の賃金について

  7. 自筆証書遺言の存在が相続人以外誰にも知られていなくても、家裁で検認手続…

  8. 外国人の刑事記録を取るにあたり、婚約者は「正当な理由がある」者といえる…

PAGE TOP