審査請求における執行停止は審査請求に先立って行うことができるか

◯事案の概要

審査請求における執行停止については、審査請求に先立って行うことはできず、審査請求と同時又は請求後に申し立てなければならないか

◯相談内容

審査請求における執行停止についての質問です。審査請求における執行停止については、審査請求に先立って行うことはできず、審査請求と同時又は請求後に申し立てなければならないのでしょうか。

条文上は、特に上記のような記載はないですし、審査請求する前に執行がされてしまうと本人は困るのではないかと思いますので、審査請求に先立って執行停止の申し立てができるのではないかとも思われます。

ただ、行政不服審査法25条2項を見ると、執行停止は申し立てによる場合も、職権による場合でも判断は審査庁がすることになります。このように審査庁が登場するとなると、審査請求がされていることが前提と思われます。

これについて、どちらの解釈をとるべきでしょうか。また実務上、審査請求前に執行停止の申し立てがなされて認められた例をもしご存知であればご教示いただければ幸いです。

◯菰田弁護士の回答

やはり審査請求申立ててからになりますね。あくまで執行停止は審査請求を前提とした制度ですので、審査請求申立後しか制度上やりようがありません。

審査請求する前に執行がされてしまうと本人は困るのではないかと思いますので、あくまで執行ができることが前提にあり、審査請求で結論が覆る蓋然性の高い場合だけ、そのイレギュラーで先に執行停止をしてあげるという制度ですので、本人が困るのはその通りですが、行政処分がなされた以上仕方のないことですね。

本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 通謀虚偽表示であることを理由に残債務を請求したい

  2. 裁判所の合意管轄条項について

  3. 「遺留分を侵害する信託契約は、公序良俗違反で無効」とする地裁判決につい…

  4. 保守契約で保守する側とされる側の条件が合わない場合の適切な折衷案

  5. 遺言者が死亡したときよりも先に遺言執行者が死亡している

  6. 自動車修理費用の支払いがなく、内容証明郵便を送ったが返送されてきた

  7. 死後事務委任契約等を結ばずに、遺言書である程度対応したい

  8. 出資法4条の5%には成功報酬だけでなく着手金も含まれるか

最新記事

PAGE TOP