死亡保険金の受取人と死亡した場合の退職金を揃えたい

◯事案の概要
退職金規程の死亡退職における退職金受取人の規定のしかたと、労災上積保険の業務災害による死亡退職の場合の保険金受取人の規定のしかたについて

◯相談内容
現在、顧問先の就業規則の作成変更を行っています。現行の退職金規程の死亡退職の退職金の受取人は、労災保険上の遺族です。
今回、顧問先で、労災上積保険の業務災害による死亡退職の保険金受取人を民法上の法定相続人と規定する予定です。死亡保険金の受取人と死亡した場合の退職金を揃えたいという要望があり、揃えて規定することを検討しています。
上記の変更については、現在、事案に該当する者がいないので問題ないと考えています。この条文を変更することにより不都合が発生することが考えられるでしょうか。
なお、条文の変更箇所については、労働者に説明する予定です。

◯菰田弁護士の回答
いえ、特に何も問題ないと思いますよ。
死亡退職金の受取人を誰にするかは従業員の雇用契約における労働条件の問題ではないので、不利益変更の問題にはなりません。労基法が規制する場面ではないので、大丈夫です。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 退職願と退職届

  2. 売上に連動した時間外手当の有効性について

  3. 年俸制の最低賃金の計算方法について

  4. 毎年4月になると休暇を申し出ていた労働者への休業手当の支給

  5. 年次有給休暇の買い上げ限度日数についてのご相談

  6. 雇用契約で約束している祝日の解釈について

  7. 出勤した後現場に向かう際の移動時間も給与対象としたい

  8. 就業規則を改訂する前にテレワークを実施することについて

最新記事

PAGE TOP