正社員雇用に先立って有期契約を結び期間満了となった場合、試用期間とみなされるか

◯事案の概要

中途入社の正社員雇用に先立って有期契約を結び、有期期間で期間満了となったときには解雇権留保付きの試用期間とみなされるか

◯相談内容

中途入社の正社員雇用に先立って有期契約を結び、その間社員としての適性があるかどうかを確認することについて質問です。

もし有期期間で期間満了となったときには、解雇権留保付きの試用期間とみなされ、雇止めではなく試用期間に対する解雇であるとして相当の理由が必要になってくるのでしょうか?

ちなみに有期契約の間は定期的に適正を確認し、期間満了時に社内テストを実施します。また、有期契約の契約更新の有無は「無」とします。あらかじめ本人には、契約期間満了後は新たな契約として正社員契約とするか、契約を更新するか、期間満了とするかを説明して、合意のうえで実施します。
会社が適正を見るだけでなく、新入社する本人にも会社を見極める期間としたいことが目的です。

◯菰田弁護士の回答

いえ、全く問題ないと思いますよ。それはあくまで3ヶ月間の有期雇用でしかないでしょう。
なので、適性なしと判断したなら、新たに雇用契約を締結しなければ良いだけです。問題ありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 法人税が支払えないため倒産を考えている会社への対応

  2. 自社の従業員に、自社店舗のすぐ隣の店(他社)での副業を認めても問題ない…

  3. 事業譲渡に伴う退職理由は「解雇」か「転籍」か

  4. 社員を採用した際の身元保証人の損害賠償額の上限金額はどれくらいを目安に…

  5. 会社宛に従業員の給与差押えの通知が来た

  6. 合同会社の利益配当について

  7. 随分昔に海外に移住し、国籍も本籍もわからない被相続人の戸籍収集の方法に…

  8. 派遣労働者の同一労働同一賃金(退職金)について

最新記事

PAGE TOP