遺産分割協議書の土地の図面が不明確なため土地所有権の移転登記ができない

◯事案の概要
遺産分割協議書に別紙として添付した土地の図面が不明確という事由で、所有権の移転登記ができなくなった。所有権移転登記をするためには、境界特定後の図面を添付した遺産分割協議書を改めて作成する必要があるか

◯相談内容
遺産分割協議書に別紙として添付した土地の図面が不明確という事由で、所有権の移転登記ができなくなりました。そこで、改めて測量のうえで図面を修正することになり諸事情から境界特定の手続を行うことにしました。
この場合、所有権移転登記をするためには、境界特定後の図面を添付した遺産分割協議書を改めて作成する必要があるでしょうか?

◯菰田弁護士の回答
遺産分割協議に基づく相続登記の問題と、隣地との境界がどこなのかは別問題になります。「図面が不明確という事由で」というのがどのような状況か分かりませんが、今回の移転登記だけを考えれば、単に明確な図面があればそれで良いはずです。

登記実務の問題になるので、ちょっと私の専門外になりますが、相続登記と境界特定は別問題だという前提で登記官と協議されてみてください。おそらく、明確な図面を添付して相続登記を行い、境界の問題は後日別途行ってくださいとなると思います。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 介護保険の還付金の遺産分割協議書の記載方法について

  2. 自筆証書遺言書に特定がない財産の相続手続きについて

  3. 同族会社で自社株を買い増しする際、株主総会を通さずに取締役会のみで進め…

  4. 契約書完成後に契約日付が変わったため捨印で修正するときの問題点

  5. 遺言者が死亡したときよりも先に遺言執行者が死亡している

  6. 持株会により株を保有する社員が退職時に株を売買することは問題があるか

  7. 新設分割の手続きに先立ち資金だけ移動させたい

  8. 自筆証書遺言について

PAGE TOP