会社法751条の解釈について

◯事案の概要

会社法751条について、無対価合併であれば消滅会社の社員は存続会社の社員とはならず資本金は増額することはないという理解でよいか

◯相談内容

会社法751条についての相談です。

持分会社が存続会社となる際の規定が定められており、消滅会社の社員が存続会社の社員となる場合(つまり対価として持分が割当てられるケース)に、社員の出資の価額を定める必要があると規定されています。

なので、無対価合併であれば、消滅会社の社員は存続会社の社員とはならず、出資の価額を定める必要もなく、資本金は増額することはないという理解でよろしいでしょうか。

税理士事務所が無対価合併にも関わらず、資本金を増やすような話をしているので違和感を感じました。会社法751条から考えて難しいという回答でよろしいでしょうか。

◯菰田弁護士の回答

合併対価が無償なのであれば、先生のおっしゃるとおり持分が動かないので合併を原因としては資本金は増えませんね。

ただ、合同会社では設立時の出資額を資本金ではなく、無制限に資本剰余金に割り振れますから、資本剰余金を資本金に振り替えることで資本金を増やすことはできますね。

この税理士が言っているのは、資本剰余金があるから、その一部を資本金に振り替えて資本金を増額するという話じゃないですかね?

本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 契約書完成後に契約日付が変わったため捨印で修正するときの問題点

  2. 区分所有で賃貸借を認めないことが法律上可能なのか

  3. 自動車修理費用の支払いがなく、内容証明郵便を送ったが返送されてきた

  4. アメリカに本店がある米国法人を日本の株式会社にする方法について

  5. 自筆証書遺言について

  6. 建物の所有者が亡くなり、相続人が全員相続放棄をした

  7. 建設業許可の欠格要件「破産者で復権を得ないもの」について

  8. 相続放棄に影響する行為・しない行為について

最新記事

PAGE TOP