在宅勤務で生じるコストを労働者負担にしたい

◯事案の概要

在宅勤務でかかる費用を労働者負担とし、就業規則に記載したい

◯相談内容

在宅勤務でかかる費用を労働者負担とし、就業規則に記載したいとして相談を受けています。

在宅勤務をさせるとした場合、電気代などがかかってしまうと思うのですが、この辺はどのように考えると良いものでしょうか?

◯菰田弁護士の回答

法的には何も決まりはありませんので、従業員負担であっても、会社負担であってもどちらでも構いません。

ただ、在宅勤務になれば出勤しないですから、交通費が必要なくなり、会社としてはコストが浮きます。ここのコストを従業員の光熱費代わりに何らかの名目で支給してあげる会社が多いですね。

結局は何の目的で在宅勤務にするか次第でしょう。会社側の業務命令で行うのであれば、あくまで従業員が出社すればかからないコストを会社の在宅勤務命令により負担を強いられる事は不合理だと思いますので、従業員に大きな不満が発生してしまいます。

その辺の何のために行う在宅勤務なのかによって負担を合理的に考えるべきでしょうね。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 雇用契約で約束している祝日の解釈について

  2. 建物の所有者が亡くなり、相続人が全員相続放棄をした

  3. 労組との団体交渉による「休日の新規急患入院受入れを2人に制限」を撤廃・…

  4. 就業時間中に会社を離れる社員の対策として、会社の出入り口を監視する防犯…

  5. 全体の雇用期間が1年に満たない労働契約の雇止めと解雇権乱用法理

  6. 身元保証書の提出を拒否してきた内定者を不採用にするときのリスクについて…

  7. 自社の従業員に、自社店舗のすぐ隣の店(他社)での副業を認めても問題ない…

  8. 助成金申請における帳簿の不正のリスクヘッジについて

最新記事

PAGE TOP