破産手続き中だが滞納している水道光熱費などを支払いたい

◯事案の概要

破産及び再生手続開始決定前の段階で、水道光熱費などのライフラインに関する支払は行っても問題ないか

◯相談内容

破産及び再生について水道光熱費、家賃について滞納がある場合の対応に関して相談です。

手続開始決定前の段階で、ライフラインの供給停止や賃貸契約の解除になると依頼人の生活が大変になると思い、苦慮しております。良い処理方法がなくご連絡しました。個人的には以下のような対応を考えております。

①水道光熱費に関してはそもそも債務にあげない
②家賃については、新しい入居先を探す

法律論ではない内容ですが、上記のようなケースでの対応方法をご教示願えたらと思います。

◯菰田弁護士の回答

ライフラインなどの生活に必要なものに関しては、滞納しているのであれば返済しても構いません。過大な金額であれば検討が必要ですが、最低限の生活を営むためのお金に関しては、支払っても裁判所は偏頗弁済とは判断しません。

支払いを説明するために、なぜそれを支払ったのか理由について上申書を添付した上で申し立てされた方が良いと思います。

本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 減給の対象となる「1事案」について

  2. 子ども名義でためた預金から妻が学費を支出しており、離婚時の財産分与とし…

  3. H31年5月の10連休の解釈について

  4. 自筆証書遺言書に特定がない財産の相続手続きについて

  5. 株式移転計画書に資本剰余金についての具体的な記載がなくても問題ないか

  6. 会社法38条の実務上の取扱について

  7. 在宅勤務で生じるコストを労働者負担にしたい

  8. 会社法751条の解釈について

最新記事

PAGE TOP