葬儀社とお焚き上げ料

◯事案の概要

葬家から故人の衣類、愛用品などの処分の依頼を受け、お焚き上げ料を受け取っているが、問題はないか

◯相談内容

葬儀社からの相談なのですが、ご葬家様から故人の衣類、愛用品などの処分の依頼を受け、お焚き上げ料を受け取って以下の流れで処分をしているそうです。

ご葬家自宅にて物品の引き取り→葬儀社倉庫で寺院が読経→産廃業者に引き渡し

この場合、「お焚き上げ料」として金銭を受け取っていますが、これらは問題となりうるでしょうか。供養のために預かったものを葬儀社名で産廃業者に処分を委託するという流れが少し心配です。

例えば、古物商免許を取得して買い取る形で物品を引き受ければ、自らの所有物を産廃業者に委託することになるため大丈夫そうな気もします。

◯菰田弁護士の回答

ちょっといろいろとグレーな感じですね……

まず、廃棄物を運搬したり保管したりするには、廃棄物収集運搬業許可が必要になります。ですので、この葬儀社が行っている状況は、葬儀社自身が許可を持っていなくてはならない状況でしょう。それを許可を持たずに運搬・保管をしており、最終的に許可業者へ引き渡していても、自身が許可が必要なことは変わりませんので、違法な状況ですね。

また、引き取って来た家財道具などの遺品は、事業活動に伴って生じた廃棄物ではありませんので産業廃棄物ではなく、一般廃棄物でしょう。なので、引き渡すべきは一般廃棄物収集運搬業許可を持っている業者になります。(この産廃業者が一般廃棄物も許可を持っているのかもしれません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 賃借人が物件を汚れ放題で放置して出て行った

  2. 銀行預金口座の仮差押えにあたって、債務者は銀行預金口座以外に資産がない…

  3. 自筆証書遺言の存在が相続人以外誰にも知られていなくても、家裁で検認手続…

  4. 相続放棄に影響する行為・しない行為について

  5. 一般社団法人で役員報酬ではなく一般職員として給料を払う場合、最低賃金の…

  6. 行政書士法人は遺言執行者になれるのか

  7. 保守契約で保守する側とされる側の条件が合わない場合の適切な折衷案

  8. 会社宛に従業員の給与差押えの通知が来た

最新記事

PAGE TOP