包括遺贈または遺言と被相続人名義の預金口座の取扱について

◯事案の概要

包括遺贈または遺言に被相続人名義の口座を記載すれば受遺者が取得できるか。解約についてはどうか

◯相談内容

亡A名義の預金があります。Aの相続人はBのみで、事情があってAの口座を解約できません。

この度、Bが遺言を作成します。Bは上記亡A口座の預金も含めてCとDに遺贈をしたいと考えています。

①包括遺贈または遺言に上記A口座を記載すれば、当然A名義の預金も受遺者CDが取得できると考えておりますが、いかがでしょうか?

②Bが亡くなった場合に、遺言を提示して亡Aの口座をCDのみで解約できるかは金融機関によるのでしょうか?

◯菰田弁護士の回答

①について

間違いありません。

②について

遺贈で行くのであれば、遺言執行者を就けておかないと、全相続人の押印がないと預金の解約ができません。

遺言書を作成されるのであれば、CDのいずれかでも構わないので、遺言執行者を就けられてください。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 会社法751条の解釈について

  2. 会社債務の連帯保証人となっている代表取締役が退任する

  3. 全体の雇用期間が1年に満たない労働契約の雇止めと解雇権乱用法理

  4. 売上に連動した時間外手当の有効性について

  5. 各申請書等の申請者表記について、理事長名義ではなく理事名義で申請は可能…

  6. 相続人を探すために職務上請求書を使用する場合の理由について

  7. 裁判所の合意管轄条項について

  8. レストラン経営の食肉等のテイクアウト開始と厚労省の通達について

最新記事

PAGE TOP