占有と時効取得

◯事案の概要

売買にて取得した建物・土地において、測量の結果、建物の敷地として利用している範囲が他者所有の土地の一部を含んでいることが判明した場合、所有権の時効取得を土地の所有者に主張できるか

◯相談内容

Xは、平成21年○月○日、前所有者から売買により土地、建物を取得して同日所有権移転登記を完了した。

その建物の敷地として利用している範囲は所有権移転時から変更がない。また、測量の結果、その建物の敷地として利用している範囲がY所有の土地の一部を含んでいることが判明した。

このような場合、Xは、建物の敷地として利用してきたY所有土地の一部について所有権の時効取得をYに対して主張可能でしょうか。

◯菰田弁護士の回答

平成21年の売買契約の目的物にY所有土地の一部が含まれていれば成立の余地はあります。

あくまで、売買で手に入れた土地を自分の土地として使っていて、でも真実は他人の土地であったという状況が必要ですので、売買契約の目的物に含まれていなくてはなりません。

含まれていない状態で、事実上使っていただけということであれば、自主占有ではないので時効が成立しませんね。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 減給の対象となる「1事案」について

  2. 包括遺贈または遺言と被相続人名義の預金口座の取扱について

  3. 自筆証書遺言書に特定がない財産の相続手続きについて

  4. 社労士が調停などの代理や同行者として従業員と交渉をおこなうのも禁止され…

  5. 相続人を探すために職務上請求書を使用する場合の理由について

  6. 自社ビルの店舗の賃貸借契約の更新を3年間から2年間に切り替えるメリット…

  7. 個人情報保護法における解釈について

  8. 兼務役員ではない役員の育児休業中の社会保険料免除について

最新記事

PAGE TOP