区分所有で賃貸借を認めないことが法律上可能なのか

◯事案の概要

マンションの区分所有を有しており、現在ホテルに貸し出ししているが、一般の賃貸借として、第三者に貸し出そうと考えている。しかし管理組合より「親族以外の賃貸借は認めない」と言われた

◯相談内容

Aさんはマンションの区分所有をもっております。Aさんはあるホテルに区分所有の1室を貸しておりますが、契約を解除して一般の賃貸借として、第三者に貸し出そうと考えております。

民泊については規約の改正がありできないのですが、一般の賃貸借については、法律上制限できないという解釈です。しかし申入れをしたところ、ホテルに迷惑をかける恐れがあるので、親族以外の賃貸借は認めないと管理組合に言われました。

この場合に、そもそも区分所有で賃貸借を認めないというのは法律上できないという解釈をもっているのですが、いかがでしょうか。

◯菰田弁護士の回答

区分所有ですので、その部分は本人の好きに処分可能です。ただ、これを何らか制約するのであれば、管理組合が定める管理規約で制約するしかありません。なので、そのような条文が管理規約にないとすれば、好きな相手に賃貸して構いませんよ。

本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。

ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 種類株式の内容としての譲渡制限規定の設定について

  2. 自筆証書遺言について

  3. 会社が連帯保証をする場合、100%株主会社の株主総会決議が必要か

  4. 建物が建っている土地の賃貸借期間を5年に定めたい

  5. 公正証書遺言の建物表記

  6. 第三者割当増資において、辞退者の代わりに株式引き受けの申し入れがあった…

  7. 賃借人が賃料を管理会社ではなくオーナーに直接支払いたいといっている

  8. 第三者のためにする契約の契約書には所有権留保と履行の引受に関する規定が…

PAGE TOP