1ヶ月変形労働時間制を取ったときの残業計算について

◯事案の概要
1ヶ月変形労働時間制を取ったときの残業計算について

◯相談内容
1ヶ月変形労働時間制について教えてください。
クリニックの開院支援をしていますが、週4日間は8時間15分労働、1日は5時間労働の、合計38時間労働になります。この場合、1ヶ月変形を採用したら、8時間15分の15分については残業計算をしなくて良いという理解でよろしいでしょうか。

◯菰田弁護士の回答
はい、先生の理解で正しいですよ。
1ヶ月単位の変形労働時間制は、週が40時間に収まっていて、1ヶ月が法定の時間に収まっていれば足りますので、それで大丈夫です。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. グループ会社に出向した社員が出向先に転籍を望んでいる

  2. 死亡保険金の受取人と死亡した場合の退職金を揃えたい

  3. 役職手当や管理監督者手当が深夜手当の代わりという共通認識がある場合につ…

  4. 売上に連動した時間外手当の有効性について

  5. 宿日直手当が支給される場合の割増賃金単価について

  6. 1年単位の変形労働時間制における法定休日及び法定外休日の振替について

  7. 事業場ごとに異なる変形労働時間制を採用している会社で、事業場間の配置転…

  8. 割増賃金の算定基礎から除外できる家族手当の要件について

PAGE TOP