労組との団体交渉による「休日の新規急患入院受入れを2人に制限」を撤廃・緩和することは団体交渉事項にあたるか

◯事案の概要

「休日の新規急患入院受入れを2人に制限」を撤廃ないし緩和するという経営上の施策の変更は団体交渉事項にあたるか

◯相談内容

総合病院で看護師の労組との過去の団体交渉の経緯から、休日の新規急患入院受入れを2人に制限するという暗黙のルールが成立している法人があります。

この度のコロナ禍の影響により病院収益が悪化し、休日であっても新規受け入れの枠を増やしたいという意向があります。

過去の経緯として、団交事項として取り上げられていた事実はあるものの、新規受け入れ人数の増加により労働条件は変化せず、時間外労働は若干増える可能性があり、かつ休日の人員数に比して労働密度が濃くなることはあり得る程度です。

従業員の待遇ないし労働条件に密接に関連性を有する事項は団交の対象となりえるとの高裁判例もありますが、本件の「休日の新規急患入院受入れを2人に制限」を撤廃ないし緩和するという経営上の施策の変更は、団体交渉事項にあたるでしょうか。

◯菰田弁護士の回答

今回の話は団体交渉事項には該当しないと思いますよ。確かに先生の挙げられているような裁判例もあるところではございますが、やはりあくまで団体交渉とは労働者の労働条件について交渉する場です。

病院が新規患者の受け入れをどの程度にするかは病院の理事会で決める経営判断になりますので、そこでマンパワーが足りないのであれば採用して人を補充すれば良いですし、シフトの組み方を考え直せば良いですし、必ずしも新規患者の受け入れ人数が増えたからといって労働者の労働条件が悪化するような関係性にはありません。

以上の通りですので、今回のケースは団体交渉事項ではなく、労働組合と協議する必要性のない事柄だと思います。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 所定労働日数の判断の仕方について

  2. グループ会社に出向した社員が出向先に転籍を望んでいる

  3. 割増賃金の算定基礎から除外できる家族手当の要件について

  4. 基本給を下げるときの法的な手続き方法について

  5. 車両借上げ規程において、事故による損害金を従業員負担とすることは問題な…

  6. 専田晋一様(社労士)LEGALMAGIC会員様インタビュー

  7. 死亡保険金の受取人と死亡した場合の退職金を揃えたい

  8. H31年5月の10連休の解釈について

最新記事

PAGE TOP