根抵当権の解除証書について

◯事案の概要

2番根抵当権の債務者たる会社はすでに解散し、職権で登記記録が閉鎖されているが根抵当権者から受領する根抵当権の解除証書に登記記録が抹消されている会社が記載されるのは問題ないか

○相談内容

物件について、抵当権抹消登記を受任しました。2番根抵当権の債務者たる会社はすでに解散し、職権で登記記録が閉鎖されています。

この状態で、根抵当権者(銀行)から根抵当権抹消登記の依頼を受けております。

銀行から受領する根抵当権の解除証書について、債務者としてはすでに登記記録が抹消されている会社が記載されることになるのですが、特段問題ないと考えてよろしいでしょうか。

法務局でも抹消登記も問題なくできるので、実害もないと考えております。

◯菰田弁護士の回答

仕方ないですね。

違和感があるのは当然ですが、債権者が抹消すると言っている以上、抵当権の抹消に債務者の意思は関係ありませんので、法的には何ら問題ありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 社労士が調停などの代理や同行者として従業員と交渉をおこなうのも禁止され…

  2. 社員が一方的に退職希望日を決めてくるときの法人の対応について

  3. 種類株式の内容としての譲渡制限規定の設定について

  4. 19歳の未成年者が借金した場合、親権者に返済の義務があるか

  5. 個人情報保護法における解釈について

  6. 兼務役員ではない役員の育児休業中の社会保険料免除について

  7. 医療法にない内容について質問を受けている

  8. 募集株式の数の上限について

最新記事

PAGE TOP