根抵当権の解除証書について

◯事案の概要

2番根抵当権の債務者たる会社はすでに解散し、職権で登記記録が閉鎖されているが根抵当権者から受領する根抵当権の解除証書に登記記録が抹消されている会社が記載されるのは問題ないか

○相談内容

物件について、抵当権抹消登記を受任しました。2番根抵当権の債務者たる会社はすでに解散し、職権で登記記録が閉鎖されています。

この状態で、根抵当権者(銀行)から根抵当権抹消登記の依頼を受けております。

銀行から受領する根抵当権の解除証書について、債務者としてはすでに登記記録が抹消されている会社が記載されることになるのですが、特段問題ないと考えてよろしいでしょうか。

法務局でも抹消登記も問題なくできるので、実害もないと考えております。

◯菰田弁護士の回答

仕方ないですね。

違和感があるのは当然ですが、債権者が抹消すると言っている以上、抵当権の抹消に債務者の意思は関係ありませんので、法的には何ら問題ありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 在宅勤務で生じるコストを労働者負担にしたい

  2. 子ども名義でためた預金から妻が学費を支出しており、離婚時の財産分与とし…

  3. 売上に連動した時間外手当の有効性について

  4. 株式交換で親子会社関係を作るときの課税について

  5. 自社ビルの店舗の賃貸借契約の更新を3年間から2年間に切り替えるメリット…

  6. 新しい権利者に対する覚書きの効力について

  7. 会社宛に従業員の給与差押えの通知が来た

  8. 株式譲渡資金を法人設立日より前に振り込んだ場合の株式譲渡契約書の記載に…

最新記事

PAGE TOP