ビザの取得費用を会社が立て替える代わりに、最低限勤務する年数を誓約させたい

◯事案の概要

ビザの取得費用を会社が立て替える代わりに、最低限勤務する年数を誓約させたい

◯相談内容

外国人を入社させるためにビザの費用を会社が負担することがありますが、すぐ辞めた場合はお金を返してもらいたいという相談がやはり出ます。

そこで、ビザの費用を貸与し、無金利で立て替えるから1~3年は勤務するように誓約させ、その誓約年数を勤務したら、返金は免除するという形にしたいと考えます。

これであれば、民法627条、労基法16条にも抵触せず、イリーガルなやり方にならないのではと考えますが、いかがでしょうか。

万が一トラブルになった時にこちらが正当性を主張できなかったら、考えても無駄な誓約書になってしまうので、予め確認できればと思っています。

◯菰田弁護士の回答

はい、問題ないですよ。
勤務するのに必要なもの(タクシー会社での二種免許など)が対象となると、それは会社の業務に必要なものなので会社が負担すべきもので、それを貸付扱いにして返金請求できるとすることは損害賠償の予約と見られ、無効と判断されることもあります。

しかし、今回のようにビザであれば、本人が費用負担すべきことは明らかですので、問題ありません。

※本サイトに掲載された相談事例は、実際に会員様から寄せられたご相談について回答したものを簡略化して掲載しております。
ご入会されると、毎月のニュースレターでより詳しい解説をご覧いただくことが可能です。

関連記事

  1. 競業避止義務違反と秘密保持

  2. パワハラの被害を理由に数日業務を行わない従業員の賃金について

  3. 一般社団法人で役員報酬ではなく一般職員として給料を払う場合、最低賃金の…

  4. 在宅勤務で生じるコストを労働者負担にしたい

  5. 割増賃金の算定基礎から除外できる家族手当の要件について

  6. 補助金の実績報告書に添付する書類について

  7. 1ヶ月変形労働時間制を取ったときの残業計算について

  8. 助成金申請における帳簿の不正のリスクヘッジについて

最新記事

PAGE TOP